コラム

トランプ「スパイ」説を追え

2017年12月05日(火)16時30分
トランプ「スパイ」説を追え

安倍首相ら世界の首脳はトランプのエゴをうまく利用してきた ILLUSTRATION BY LINCHEVSKA-SHUTTERSTOCK

<金銭力やエゴをくすぐられてプーチンに操られる大統領――諜報専門家が読み解く数々の疑惑と証拠の信憑性>

真実は時に、誰も口にできないほど恐ろしい。だが、あえて言おう。ドナルド・トランプ米大統領は諜報専門家が言うところの「ロシアの資産」だ、と。

つまりトランプは国家に対する反逆者であり、米国において最も重い刑罰に値する罪を犯している。アメリカ合衆国は南北戦争開始で大混乱に陥った1861年以来、最悪の憲政の危機に直面している――。

こんな「暴言」をなぜ吐けるのか。その根拠はあるのか。

トランプをめぐる事実の数々、彼の発言や政策からはある結論が導き出せる。トランプはロシア情報機関の故意の協力者(専門用語では「資産」、一般的に言えば「スパイ」)か、ロシア情報当局によって「意識しないまま」利用されている人物だ。この2つは二者択一的なものではなく、1人の人物がその両方になる場合もある。

米政治は昨年の初夏以来、トランプいわく「ロシア絡みのこと」に振り回されてきた。きっかけはFBIとCIAが、米大統領選にロシアが介入していると政府上層部に報告したこと。この問題はトランプの大統領就任後、米政権にとっての脅威かつ障害と化している。

MI6(英国情報部国外部門)元職員のクリストファー・スティールが昨年前半から調査・作成していた文書は、トランプの側近と家族がロシア情報当局の関係者や高官と何度も面会していた事実を指摘している(この文書は今年1月上旬、米メディアに全文が掲載された)。

トランプは1月下旬の大統領就任直後、自分に敵対的なジャーナリストを逮捕できるかと、FBIのジェームズ・コミー長官に尋ねた。否定したコミーが電撃解任されたのは5月。トランプに「忠誠を誓う」ことを拒否したためとされる。これを受けてFBIを管轄する司法省は、ロシア疑惑の独立調査を指揮する特別検察官にロバート・ムラー元FBI長官を任命した。

トランプとムラーおよびメディアが対立する構図のなか、米政治の危機は拡大を続ける。共和党指導部は党利のためトランプ支持を掲げざるを得ない状態のまま身動きが取れず、米国民の3分の2を占める反トランプ派は危機感を抱き、識者の間ではアメリカが今後10年以内に内戦に陥るとの見方が広がる。

諜報専門家の視点から、より幅広い文脈で一連の問題を捉えた場合、状況はトランプにとって破滅的だ。

ある人物が故国を裏切るように仕向ける際、情報当局者は4つの要素を活用する。「MICE」と総称されるその4つとは、マネー、イデオロギー、コアーション(脅迫)、エゴだ。トランプのケースでは、そのうちの3つが作用している。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

ニュース速報

ビジネス

米、「為替操作国」指定ゼロ 日中韓など11カ国を監

ワールド

中国、日米共同声明に断固反対 台湾や香港は国内問題

ワールド

お知らせ=重複記事を削除します

ワールド

ラウル氏、キューバ共産党トップ退任表明 カストロ時

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

  • 2

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    東芝 車谷社長の何が悪いのか?

  • 5

    ブロックチェーン技術の新展開「NFT」が、これほど盛…

  • 6

    日米を代表する2大怪獣が激突 『ゴジラvsコング』勝…

  • 7

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 8

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 9

    ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 5

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 6

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 7

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 8

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 9

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 10

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中