コラム

ムーア監督がチャベスの相談役に?

2009年10月27日(火)16時14分

pass061009.jpg

意気投合? ベネチア国際映画祭に出席し、ムーア監督(左)と会談するチャベス
(09年9月、ベネチア) Reuters


 アメリカの映画監督マイケル・ムーアには、社会主義者までもがうんざりしているようだ。

 ムーアは最近、米ABCテレビの「ジミー・キンメル・ライブ」に出演。ベネズエラのウゴ・チャベス大統領と一緒に酒を飲んで酔っ払い、国連での大統領演説の執筆を手伝った、と冗談を飛ばした。もちろんチャベスの支持者は、こんな事実を認めてはいない。

 チャベス支持者として有名な写真家エバ・ゴリンジャーは、自身のブログで次のように語っている。


 ムーアは番組のインタビューで、最後まで有頂天だった。チャベスに次の国連総会で行うスピーチについてアドバイスを求められ、以前の国連総会で「ブッシュ前米大統領を『悪魔』と呼んだことを謝罪するべきだ」と答えた。そして今回は「希望」について語るようにチャベスに求めた。

 ちょっと待て、マイケル。ブッシュを守ろうというのか! 映画『華氏911』の脚本、監督、撮影をしたのはあなただろう? なるほど。あなたはブッシュを批判するけど「アメリカ人以外」が同じことをすると、急に愛国的になるというわけだ。


 彼女以外からも憤りの声はある。彼らの激しい怒りは、チャベスが酒を飲んだ、しかもテキーラを飲んだするムーアの発言に向けられている。さらに彼らは、チャベスがスピーチライターやテレプロンプター(原稿を電子的に表示する装置)を使っているというムーアの考えに、著しく気分を害した。

 ゴリンジャーは言う。「私たちは知っている。誰も彼のスピーチなど書いてはいない。彼自身もだ! 彼は心のままに、率直に語る。テレプロンプターに映った原稿を読み上げたりはしない!」

 ムーアはこれまで、多くのあだ名で呼ばれてきた。だが「ジョージ・W・ブッシュの支持者」と呼ばれるのは初めてだろう。

――ボビー・ピアース
[米国東部時間2009年10月26日(月)13時45分更新]


Reprinted with permission from FP Passport, 27/10/2009. © 2009 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロシア、NATO核配備巡る発言批判 「緊張拡大」

ワールド

ロシア、NATO核配備巡る発言批判 「緊張拡大」

ワールド

ロシア軍、ウクライナ中部ポルタワ州を攻撃 22人負

ワールド

NATO加盟20カ国超、24年に国防費2%目標達成
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 5

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 6

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 7

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 8

    ジョージアはロシアに飲み込まれるのか

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    長距離ドローンがロシア奥深くに「退避」していたSU-…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story