コラム

本当は中国政府の検閲にキレた? 問題発言のジャッキー・チェン

2009年04月21日(火)04時14分

passport10409.jpg

Bobby Yip-Reuters
 

 中国の温家宝(ウエン・チアパオ)首相も参加した中国海南省のボアオ・アジアフォーラムで、香港のアクションスターがこんなことを言った。


「自由というものがいいことかどうか、よくわからない」「今、私はとても混乱している。自由が行き過ぎると、今の香港みたいになってしまう。ひどい無秩序状態だ。台湾も同じだ」「私たち中国人は誰かに管理される必要があるのではないかと、だんだんそういう感じがしてきた。管理されないと、やりたい放題やってしまうから」


 この発言は、大陸中国はもちろん、台湾や香港のブロガーの間でも猛反発を招いている。「人種差別主義者」チェンの映画をボイコットする呼びかけもある。

 ワシントン・ポスト紙のジョン・ポンフレット元北京支局長は同紙電子版で、ここでは古典的な力学が働いていると指摘する。


 チェンはただ、他の多くの裕福な中国人が感じていることを言っているだけだ。天安門事件以降の20年間で、中国社会は大きく変わった。最も驚くべき変化は、階層社会が復活したことと、中国の富裕層が貧困層を蔑視するようになったことだ。中国人は「管理される」必要があるとチェンが言ったとき、彼はまちがいなく貧困層のことを言っていた。わざわざ口に出す必要はなかったが、ボアオの聴衆はチェンの発言に大喝采を送った。中国のエリート層と少しでも深く話をしたことがある者なら、必ず一度は聞く議論だ。


 私自身は背景をよく知らないが、少なくともチェンが皮肉を言っていた可能性は捨てきれないように思う。問題の発言は、検閲についての質問に対する答えのなかで出てきたものだ。チェンが主演する新作映画『新宿インシデント』は最近、暴力的だとして大陸での上映を禁じられた。チェンにとっては大きな収入減で、そういう結果をもたらした政策を声高に称賛するなんて奇妙としか思えない。

彼が階層差別主義者だったとしても、あるいは他のどんな政治信条の持ち主だったとしても、中国の貧困層が彼の映画を見る自由は認められて然るべきと思っているはず。それに、台湾や香港の多くのファンを侮辱するほど考えなしでもないだろう。

 チェンは、表立って中国政府の決定を批判できる立場にはない。行き過ぎ発言の真意は、彼の映画に神経を尖らせる中国当局に対する密かな当てこすりだったのではないか。それとも、私がチェンを買いかぶり過ぎているだけだろうか。

──ジョシュア・キーティング

Reprinted with permission from "FP Passport" http://blog.foreignpolicy.com, 24/04/2009. © 2009 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

原油先物は上昇、米原油在庫減少で 中東の停戦期待で

ビジネス

製造業PMI7月は49.2に悪化、サービス業は50

ビジネス

三菱自株が10%超安、4─6月期決算で 「円安加味

ワールド

韓国消費者信頼感、7月は2年3カ月ぶり高水準 イン
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story