コラム

トロント映画祭で訴えた『人間』と日本の底力

2013年09月27日(金)09時00分

今週のコラムニスト:李小牧

〔9月17日号掲載〕

 外国の映画祭でレッドカーペットを歩くという李小牧の夢がついにかなった!

......歌舞伎町案内人がまた冗談を言っている、歩いたのは歌舞伎町のストリップ劇場の赤じゅうたんだろう、と皮肉を言わないでほしい。これまで著書の『歌舞伎町案内人』が映画化されたり、ジャッキー・チェンの作品に撮影協力したりと映画に関わってきた私だが、残念ながら出演経験はなかった。それが9月上旬、カナダで開催されたトロント国際映画祭に「男優」として招待されたのだ。もちろんAVではない!

 出演したのは『人間(ningen)』という作品。私の友人でもある東京の「メディア総合研究所」の吉野眞弘社長が、トルコ人とフランス人の共同監督と共に文字どおり手弁当で作った映画だ。トロント国際映画祭の「コンテンポラリー・ワールド・シネマ」部門で入選した。

 それにしても、バレエダンサーとしては超一流だが、俳優の勉強などしたことのない私がどうして映画に出演できたのか。

 実はこの映画は、フィクションとノンフィクションを混ぜ合わせたような不思議な構成が特徴だ。基本的なストーリーの流れはあるが、俳優は撮影現場で生まれる感情に合わせて即興で演技し、ストーリーもそれに合わせて変化していく。私が演じたのは歌舞伎町案内人である私自身。歌舞伎町という舞台で毎日「演技」を続け、虚と実が入り乱れる私にとってぴったりの映画だった。

 会社が経営難に陥ったことで精神を病んだ社長が、さまざまな人との出会いを通じて生きる意味や愛を再発見する様子を、キツネとタヌキの化かし合いになぞらえて描く──。ある意味きわどい設定の映画で、吉野社長と会社のスタッフ、それに吉野社長の妻も出演している。

 私は窮地に立たされた吉野社長に歌舞伎町で稼いだ全財産を提供して中国に帰る、という何ともおとこ気のある役だ。日本に何年間も住んで日本人に助けてもらった中国人が、感謝の気持ちを込めて全財産を日本人に渡すという設定は、私の感情をよく表している。

■中国人学生が見た東北の底力

 先日、7月の訪日観光客数が円安のおかげで初めて月間100万人を突破した、というニュースが流れた。ただ寂しいことに、わが中国からの観光客は前年同月比で3割減った。明らかに尖閣問題による両国の関係悪化が影響している。

 この夏、私は夏休みを利用して日本にやって来た中国人学生を、日本の若者と一緒に気仙沼や石巻、南三陸など宮城県の被災地に案内した。東日本大震災直後に入って以来、私にとっても約2年ぶりの被災地だったが、地震と津波、原発事故という災害の「三重苦」に遭った東北の人たちが、元気に夏祭りができるまで復興している様子に本当に驚かされた。

 わが祖国とわが第二の祖国の関係が「シマ」をめぐる争いをきっかけに冷え切ってから、3年近くたつ。「復縁」のためには、互いの国民が相手の国を訪れて、肌でその国を感じることが何より大事だ。中国の学生が夏休みの旅行先に被災地を選んでくれたことはうれしかったし、頑張る東北人の姿を通じて、日本人の国民性とその底力を理解してもらえたと信じている。

 小さな企業が手弁当で完成させ、トロント国際映画祭で見事入選した『人間』も、日本人の底力を示すこれ以上ない実例だ。このコラムが載った号が発売される頃にはプレミア上映は終わっているだろうが、私はレッドカーペットで取材を受けたらこう答えようと思っている。「この映画に出演することで、日本に恩返しできたことが何よりうれしい」と。

 実は映画の最後に大どんでん返しがある。最近また中国と日本の間でスパイ問題が再燃しているが、私の「日本愛」にどんでん返しはないのでご安心を。

プロフィール

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

ニュース速報

ワールド

原油先物は下落、米在庫の増加やOPECプラス会合延

ビジネス

シャオミ、株式売却などで39億ドルを調達

ビジネス

特別プログラム、感染症影響踏まえ必要なら期限延長=

ワールド

ノルウェー、6月から実施の原油量削減を年末で終了

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す研究結果

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 6

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 7

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 8

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 9

    アメリカ中西部にコロナ感染の大波 医療現場は崩壊…

  • 10

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 9

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 10

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!