コラム

『サウスパーク』がサリンジャー追悼! 「げろげろ畑でつかまえて」

2010年04月01日(木)11時36分

 サリンジャーは生前、自分の小説の映画を許可しなかった。『フィールド・オブ・ドリームス』映画化の時も、原作どおりサリンジャーを登場させることはできなかった。

 でも、今はどうなんだろう? 遺書には「映像化を永遠に禁じる」とか書いてあるのかな?

 3月21日にアメリカで放送されたTVアニメ『サウスパーク』はサリンジャーがテーマだった。

 「今日はみんなにこの本を読んでもらいます」

 サウスパーク小学校のギャリソン先生は段ボール箱いっぱいの『ライ麦畑でつかまえて』を持って4年生の教室に現れた。

 「読書かよー。オレ、大っ嫌い」

 勉強嫌いのカートマンが文句を言うが、先生は続ける。

 「これは今まで教育委員会に禁じられていた本です。言葉が強烈です。今でも図書館によっては置いていません」

 「先生、これって、読んだ奴が人を殺したって本ですか?」 主人公のスタンが尋ねる。

 「たしかにジョン・レノンを殺した犯人はこの本に影響されたと言いましたが、あいつはただのバカです!」

 「すっげー! ヤバイじゃん! め、めっちゃ読みてー!」

 カートマンはじめ、子どもたちはワクワクで読み始めた。

 「......うーん。これのどこがヤバいの?」

 スタンとカイルはしばらく読んで首をヒネる。そこにカートマンとケニーが飛び込んできた。

 「全部読んだけど、チラっと汚ない言葉が出てくるだけ。それだけ! 時間のムダだった!」

 「じゃあ、本当にヤバい話をぼくらで書いてみようぜ!」

 仲良し4人組は一緒に毎日少しずつ小説を書き始めた。

 ある日、スタンのママが洗濯物を洋服ダンスにしまおうとして、引き出しの奥に紙の束を見つけた。表紙には「スクロッティ・マクブガーボールズの物語」とあった。日本語にすると「キンタマ袋・鼻クソ玉の物語」となる。ママは読み始めた。

 「暖かな夏の朝、マクブガーボールは目覚めると彼の......オエッ、彼がつかんだのは犬の......うっ、げ、げろげろげろげろげろげろげろー!」

 あまりのエゲツない描写を読んだママはゲロを部屋中にまき散らした。

 「あなた! あなた! 大変よ!」

 ゲロまみれのママはパパを呼んだ。

 「これ、子どもたちが書いたんだけど、読んでみて!」

 「なぜ?」

 「この小説、......傑作よ!」
 
 「え?」

 「こんなおぞましいものは生まれて初めて読んだけど、プロットは秀逸だし、キャラクターも生き生きしてるのよ!」

 どれどれ、とパパが読んでみると、やっぱりげろげろげろー。

 「オエーッ、でも感動した!」

 街の大人たちはその小説を回し読みし、みんなゲロ吐きながら大感動。スタンたちを呼びつける。
 
 「この小説を書いたのはあなたたちね?」

 叱られると思ったスタンたちは「バターズが夢遊病状態で書いたんだよ!」とイジメられっ子のせいにする。

 「バターズ、君は天才だ! あまりに素晴らしい本なので、出版が決まったよ!」

 『スクロッティ・マクブガーボールの物語』は国際的なベストセラーになり、全世界がゲロの海に沈んだ。

 バターズが大スターになって威張りだしたので頭にきたスタンたちは教育委員会に訴え出る。

 「こんな本、禁止すべきです。ただの下品なゴミ小説で、何の意味もありません」 書いた本人が言ってるのに、大人たちは「君たちにはわからないんだ。行間に隠された意味が」と聞く耳もたない。『ライ麦畑』と逆さまの状況!

 「こうなったら『ライ麦畑』みたいに、『スクロッティ・マクブガーボール』に影響された殺人事件が起こればいいんだ!」

 スタンたち4人は『スクロッティ~』の文中465回も「ブサイク」と罵倒されるサラ・ジェシカ・パーカーを森の中に放置する。彼女の馬面をハンターが鹿と間違って撃つように......。

 しかし、これほどリアルな嘔吐シーンが連続するアニメも前代未聞だ。さすが『サウスパーク』。この前の週のエピソードのネタはタイガー・ウッズ謝罪。この次の週はケンタッキー・フライド・チキンの店が医療用マリファナ販売所になる話だった。

プロフィール

町山智浩

カリフォルニア州バークレー在住。コラムニスト・映画評論家。1962年東京生まれ。主な著書に『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』(文芸春秋)など。TBSラジオ『キラ☆キラ』(毎週金曜午後3時)、TOKYO MXテレビ『松嶋×町山 未公開映画を観るテレビ』(毎週日曜午後11時)に出演中。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

モディ印首相、7月にもロシア訪問 両国が調整=RI

ワールド

朝鮮戦争勃発から74年、北朝鮮はなお軍事境界線の防

ビジネス

トヨタ、ANAなど政策株9銘柄売却 豊田会長の報酬

ビジネス

ソフトバンクG、孫会長の再任賛成票比率79.22%
MAGAZINE
特集:小池百合子の最終章
特集:小池百合子の最終章
2024年7月 2日号(6/25発売)

「大衆の敵」をつくり出し「ワンフレーズ」で局面を変える小池百合子の力の源泉と日和見政治の限界

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    韓国、リチウム電池工場で爆発事故 火災により22名が死亡、1人行方不明
  • 2
    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由
  • 3
    ワニの襲撃で男性が腕を失う...発見者が目撃した衝撃の光景
  • 4
    貨物コンテナを蜂の巣のように改造した自爆ドローン…
  • 5
    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている
  • 6
    8人負傷のフィリピン兵、1人が「親指失う」けが...南…
  • 7
    「観光客は家に帰れ!」 バルセロナ市民がオーバーツ…
  • 8
    登山者を悩ませる「ヒル」、実はジャンプできると判…
  • 9
    「隣は嫌だ!」「入口に陣取る」...理想的な「管理職…
  • 10
    キャサリン妃の母親が見舞われた「ピンチ」の瞬間...…
  • 1
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会
  • 2
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 3
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒
  • 4
    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…
  • 5
    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…
  • 6
    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…
  • 7
    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…
  • 8
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 9
    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に
  • 2
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア
  • 3
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間
  • 4
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 5
    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…
  • 8
    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…
  • 9
    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 10
    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story