コラム

ビーチ・ライフがアイデンティティ形成に果たす役割

2016年09月28日(水)16時56分
ビーチ・ライフがアイデンティティ形成に果たす役割

From Natalie Grono @nataliegrono

<オーストラリア最東端の街バイロンベイで、自らの娘を含む子供たちを撮るナタリー・グローノ。子供にとってビーチは「大自然にゆだねられたプレイグラウンド」であり、彼らと一緒に時を過ごすことは「魔法の世界へ招待されたようなもの」と彼女は言う>

 広大な大陸国家でありながら、その人口の圧倒的大多数が海岸線周辺に住むオーストラリアでは、ビーチ・ライフ、あるいはオーシャン・ライフは、ある種の宗教にも近い意味合いを持つ。人格形成にさえ大きな役割を果たしている。

 今回紹介するのは、そうしたオーストラリアのビーチ・ライフ・コミュニティを大陸最東端の街バイロンベイで、6歳と4歳になる自らの娘2人、あるいは他の子供たちを通してドキュメントしているナタリー・グローノだ。大学ではジャーナリズムを学び、その後、写真が本質的に持つ物語性の特質を知って、たちまち写真に恋をしてしまったという39歳の母親である。

 グローナはこう語る。子供にとってビーチは、大自然にゆだねられたプレイグラウンドだ。嵐が頭上を過ぎ去ったかと思えば、鳥が舞い、波が打ち砕かれ、人魚さえ現れる気がする。独創的な遊び場であるだけでなく、それを通して大自然の美しさと脅威を学びながら、自然との関係性を築きあげていく。かつて私もそうした世界を頻繁に訪れていたが、長女の誕生とともにもう一度この世界に戻りはじめた。ほぼ毎日、子どもたちと一緒に行事のようにビーチを訪れ、時代と共に変わりゆく様を、あるいは文字どおり一瞬に変貌する自然の驚嘆の様を感じ取りたい、と。

【参考記事】世界報道写真入賞作「ささやくクジラたち」を撮った人類学者

Little tree climbers #bw #childhood #family #camping #australianlife #everydayaustralia #byron #australia #outdoors

Natalie Gronoさん(@nataliegrono)が投稿した写真 -

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

クシュナー氏、ロシア政府と「共謀しなかった」 声明

ビジネス

ユーロ圏は低金利で債務コスト節減、ECBへの圧力に

ビジネス

IMF、世界の成長率見通し据え置き ユーロ圏と中国

ワールド

中国、南シナ海の「安定維持」望む=外相

MAGAZINE

特集:「イスラム国」の子供たち

2017-8・ 1号(7/25発売)

過激なイデオロギーに感化された子供たちや帰還兵によってより潜在化するテロ組織ISISの恐怖

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「日本に移民は不要、人口減少を恐れるな」水野和夫教授

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    イバンカ・トランプ夫妻、「無給の政府職員」なのに3…

  • 5

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 6

    ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

  • 7

    韓国でスープになる直前の犬を救出 ベトナムでは犬…

  • 8

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 9

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 10

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 3

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 4

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 5

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 6

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 7

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 8

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 9

    アメリカの部活動は、なぜ「ブラック化」しないのか

  • 10

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉…

  • 1

    中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

  • 2

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使わない理由

  • 3

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 4

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 5

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 8

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 9

    資本主義はついにここまで来た。「自分」を売り出すV…

  • 10

    北の最高指導者が暗殺されない理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!