コラム

Instagramフォトグラファーズ Q.サカマキ

これはアマチュアだからこそ撮れる写真なのか?

<プロの写真家でないからこそ良い写真を撮りやすい――。そんなことを痛感させるマシュー・ワイリーの作品の特徴とは> 80年代、好きだったある関

2017.03.14

世界が共感するヌード写真家レン・ハン、突然の死を悼む

<キッチュなヌード写真で注目を集めていた中国の若手写真家が、自殺した。このブログで取り上げようとインタビューを申し込んでいたところだった>

2017.02.27

日本の「かわいい」と似て非なる「ピンク・カルチャー」とは何か

<ピンクやパステル系の色を多用し、フェミニズムを全面に押し出した新しいスタイル。その代表格、ぺトラ・コリンズの魅力は独特の耽美性にある> こ

2017.02.15

シャッターを切るまでに「半年~1年」と学者のように語った

<2016年世界報道写真コンテスト受賞者のマリオ・クルーズは、論理を先行させる写真家ではないが、論理的な労力を惜しまない>  写真は――とり

2017.01.31

ハイチで生死に関わる経験をしたベテラン写真家の「架空」プロジェクト

<ハイチのドキュメンタリーを発端に世界的に知られるようになった写真家マギー・スティーバー。インスタグラムで発表するその最新作は、意外にも「架

2017.01.18

アクティヴィストを自称する「インスタグラムの王」

<無名だったが、インスタグラムの登場と2012年の災害取材で一気に名声を獲得した写真家ルディ・ローイ。「写真家もフォトジャーナリストも活動家

2016.12.29

ニューヨークの地下鉄の匂いを掴み取る情熱の写真家

<ニューヨークをベースに活動するベテラン写真家スティーブン・リール。最も力を注いでいるプロジェクトは、地下鉄シリーズとポートレート・シリーズ

2016.12.23

リベラルであり保守である、カリフォルニアのイメージ

<イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」のように、地元出身者より余所者のほうがむしろカリフォルニアらしさを表現できる。オレゴン生まれ、ミシガ

2016.11.24

仏教的かキリスト教的か、イスラム教的か、混乱させる写真

<印象的で不思議な写真を撮る、2015年世界報道写真コンテスト受賞者のバングラデシュの写真家サルカー・プロティク。尋ねてみると、彼の宗教的ア

2016.11.11

「何を撮るかでさえ重要ではない」と、豪州の強烈な陽光の下で

<シドニーで光と影のコントラストをドキュメントする写真家、マーカス・アンダーセン。カメラは単なる道具に過ぎないと、彼は訴える>  オーストラ

2016.10.26

MAGAZINE

特集:フランス大統領選 ルペンの危険度

2017-4・ 4号(3/28発売)

4月末のフランス大統領選で大躍進が見込まれる極右・国民戦線の女性党首ルペンが支持を広げる理由

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最悪の一週間

  • 2

    「日本の汚染食品」告発は誤報、中国官制メディアは基本を怠った

  • 3

    森友学園問題、中国でねじれ報道――「極右教育」籠池氏側に立つ?

  • 4

    米株急落、トランプ手腕を疑問視し始めたウォール街

  • 5

    韓国の次期「左派大統領」が進む道

  • 6

    欧米でブームの「ヒュッゲ」で日本人も幸せになれる?

  • 7

    英国警察はなぜ丸腰? ロンドンのテロ事件受けて変…

  • 8

    肺にまさかの「造血」機能、米研究者が発見

  • 9

    韓国検察、朴前大統領の逮捕状を請求 有罪なら懲役4…

  • 10

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 1

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 4

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目され…

  • 5

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 6

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 7

    サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心な…

  • 8

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「…

  • 9

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 10

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最…

  • 1

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 2

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 3

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 4

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚…

  • 5

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 6

    ISISが中国にテロ予告

  • 7

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、…

  • 10

    スカーレット・ヨハンソンが明かしたイバンカ・トラ…

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!