コラム

北極海支配まで狙う中国に、日本とロシアは雪解けで対抗せよ

2018年06月02日(土)12時00分
北極海支配まで狙う中国に、日本とロシアは雪解けで対抗せよ

日本におねだり上手なロシアのザギトワ Damir Sagolj-REUTERS

<北方領土で日ロが対立する隙を狙って「一帯一路」は極北に――日ロの苦い歴史の救世主は秋田犬とザギトワなのか>

ロシアの首都モスクワで5月26日に秋田犬贈呈式が開かれ、安倍晋三首相が出席することとなった。贈呈を受ける主役は大の犬好きで知られるプーチン大統領......ではなく16歳の少女。フィギュアスケート選手アリーナ・ザギトワだ。

事の発端はザギトワが2月の平昌冬季五輪で金メダルを獲得した際の「おねだり」。多くの日本人が好意的に反応しただけでなく、首相までが式典に臨む。これは日本がロシアを特別な大国として見ていることの表れだろう。

今年は「日本におけるロシア年」にして、「ロシアにおける日本年」。相互での開催が16年の日ロ首脳会談で決まって以来、両国でさまざまな文化イベントが予定されている。今のところ大きな盛り上がりが見られないのは、両国がたどってきた歴史に理由がありそうだ。

日本は北の隣国ロシアを苦手としている。その最大の原因として、第二次大戦末期の45年8月にソ連が一方的に日ソ中立条約を破棄したことが挙げられる。モンゴル人民共和国と連合軍を結成して満州と内モンゴルになだれ込み、約60万人もの日本軍捕虜と民間人をシベリアなどに連行。過酷な環境の下で長期間にわたって抑留した。

無視された提督の進言

北方領土を奪ったこともロシアに対する印象をすこぶる悪化させた。第二次大戦の敗因は多岐にわたるはずだが、日本では今なおソ連の参戦を「不義の一撃」と捉える見方が強い。このことが日ロ関係改善に対する阻害要因の1つとなっている。

同様な苦い記憶はロシア側にもある。19世紀半ば、ロシアはアメリカのペリー提督より少し遅れてプチャーチン提督を幕末の日本に派遣した。アメリカと同様な外交的権利を求めていたロシア艦は、下田で不運にも地震による津波を受け大破。翌年に日露和親条約を締結したが、ペリーがもぎ取った「果実」ほどおいしい内容ではなかった。

日本人大工が造成した木製の船でロシアに戻ったプチャーチンは、その対日交渉の苦労から「サムライとは相手の尊厳を守って慎重に交渉すべき」との意見を本国に述べた。だがその意見が両国関係に生かされることがないまま、20世紀初頭に日露戦争に突入。満州でロシア陸軍は敗北を喫し、ロシアの大艦隊が日本海で全滅した。

ロシアがやっと一矢を報いることができたのが45年の満蒙作戦だろう。今なおロシアが北方領土を返還しないのは19世紀後半以降、日本によって太平洋への出口を阻まれてきたからだ。

プロフィール

楊海英

(Yang Hai-ying)静岡大学教授。モンゴル名オーノス・チョクト(日本名は大野旭)。南モンゴル(中国内モンゴル自治州)出身。編著に『フロンティアと国際社会の中国文化大革命』など <筆者の過去記事一覧はこちら

ニュース速報

ビジネス

米ゴールドマン、人員削減再開へ 「少数を削減」

ビジネス

米グーグル、5G対応スマホを発表

ビジネス

東証で全銘柄の売買を停止、富士通が共同で調査中

ワールド

クウェート、前首長の葬儀は一般非公開で カタール首

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 4

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 8

    異常気象がスペイン風邪の世界的流行の誘因だった?…

  • 9

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 10

    人口減少の時代に増え続ける新築物件 全国378万の空…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!