コラム

「良いくどい人」と「悪いくどい人」

2019年04月24日(水)12時47分
「良いくどい人」と「悪いくどい人」

感情的にくどくど言えば人は動かせない KatarzynaBialasiewicz-iStock.

<一度や二度指示してもやらない部下に、嫌われずに指示を守らせる方法>

世の中には「くどい人」がいます。皆さんの職場にもいませんか。何度も何度も同じことを執拗に言い続ける人のことです。しかし「くどい人」イコール「嫌な人」というわけではありません。「良いくどい人」と「悪いくどい人」がいることを知っておきましょう。

私は企業の現場に入って目標を絶対達成させるコンサルタントです。持ち味は「くどい」ことです。

頭ではわかっているのだけれども、なかなか行動に移せないことは誰にでもあります。「知っていること:ノウイング(knowing)」「やっていること:ドゥイング(doing)」に差があることを、「ノウイング・ドゥイング・ギャップ」と呼びます。

私どもの支援先企業にも、「ノウイング・ドゥイング・ギャップ」の状態の人がたくさんいます。私はそういう方に、淡々と同じことを言い続けます。

「先日、言いましたとおり期限通り、資料を提出してください」

「あ、はい。ごめんなさい。すぐにやります」

「先日、言ったとおり、期限内に、資料を提出してください」

「わかってますよ。すぐにやります」

「先日、言ったとおり、期限内に、資料を提出してくれませんか」

「わかってますって。......そんなにこの資料って大事なんですか?」

「期限内に、資料を提出することは最初に全員でコミットしました。ですから先日、言ったとおり、期限内に、資料を提出してください」

「わ、わかりました......」

「良いくどい人」の条件

さすがに、4回も5回も同じことを言う前に、相手が根負けするのが普通です。相手は大人ですから3回ぐらい言えば、たいていは聞いてもらえるものです。大切なことは淡々と言い続けること。

「どうして期限内に提出しないんですか? 何かできない理由でもあるんですか?」

「前も言ったじゃないですか。これで3回目ですよ。どうなっているんですか」

......などと感情的になってはいけません。感情的になってしまうと「もう何を言ってもダメですね。勝手にしてください」と捨て台詞を言うなどして、相手が変わることを諦めてしまうからです。これは本当の思いやりとは言えません。コツは、感情ゼロにしてロボットのようにずっと言い続けるのです。私は部下に対しても同じように言います。

「エレベーターを乗り降りする順番がおかしいよ。順番はわかってるよね?」

「この前推薦した本読んだ? 読んだほうがいいよ」

プロフィール

横山信弘

アタックス・セールス・アソシエイツ代表取締役社長。現場に入り、目標を絶対達成させるコンサルタント。全国でネット中継するモンスター朝会「絶対達成社長の会」発起人。「横山信弘のメルマガ草創花伝」は3.5万人の企業経営者、管理者が購読する。『絶対達成マインドのつくり方』『営業目標を絶対達成する』『絶対達成バイブル』など「絶対達成」シリーズの著者。著書はすべて、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。年間100回以上の講演、セミナーをこなす。ロジカルな技術、メソッドを激しく情熱的に伝えるセミナーパフォーマンスが最大の売り。最新刊は『自分を強くする』。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!