コラム

横山信弘のハードワーク思考 横山信弘
横山信弘のハードワーク思考 横山信弘

すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐらい残業は減るのか

<パソコンはもしかして、「快適過ぎて生産性の足を引っ張る」オフィスの敵なんじゃないか? 実際に試してみたら劇的な効果が出た> 「これは、いっ

2019.03.22
横山信弘のハードワーク思考 横山信弘

今採用すべきは「24時間戦う気持ちで7時間働く」人

<4月から残業時間の上限が導入されるが、仕事がラクになると思ったら大間違い。時間という経営資源を削る代わりに、ますますハードワークが必要にな

2019.02.18
横山信弘のハードワーク思考 横山信弘

「新人にどぶ板営業なんかさせて辞めたらどうする!」と介入してくる「ヘリコプター人事」の弊害

<営業の経験もないのに営業に口を出してくる人事が増えている。それは決して若者のためにならない> 頭上を旋回するヘリコプターのように部下を監視

2019.01.31
横山信弘のハードワーク思考 横山信弘

組織の最大の問題は、何が本当の問題かを取り違えていることだ

<日常的に問題と思えることは実は本当の問題ではない、「あるべき姿」から翻って考えよ> 私は企業の現場に入って目標を絶対達成させるコンサルタン

2019.01.29
横山信弘のハードワーク思考 横山信弘

部下を急成長させる「ホメジメント」の技術

<上手に褒めることができれば部下は気持ちよく成長する。だが、褒めることはそう簡単ではない。「褒めるマネジメント」の実践法> 部下を、いつ叱っ

2018.12.25
横山信弘のハードワーク思考 横山信弘

自主性のない部下より、自主性のない上司が増えている

<若者に自主性が足りないのは今に始まったことではない。ただ昔は、「俺が責任取るからチャレンジしろ」と背中を押す上司がいた。今のマネジャーは愚

2018.12.11
横山信弘のハードワーク思考 横山信弘

働き方改革に不可欠な「空気革命」のやり方

<コンサルタントがどんなに頑張っても、「空気」が悪ければ組織改革など進まない。悪貨は良貨を駆逐するからだ> 私は現場に入って、企業の目標を絶

2018.11.29
横山信弘のハードワーク思考 横山信弘

「時短ハラスメント(ジタハラ)」が起きる会社2つの特徴

<これからは「すぐに労働時間を削ることが可能な仕事」など人間がやる仕事ではなくなっていく。わかっていない上司には要注意> 流行語大賞にノミネ

2018.11.22
横山信弘のハードワーク思考 横山信弘

どれほど「時間管理術」を学んでも、長時間労働がなくならない理由

<個々がどんなに効率化しても、仕事全体の無駄が残ったままなら、効果はたかが知れている> 業務効率化、生産性向上、時短......。日本の企業

2018.10.29
横山信弘のハードワーク思考 横山信弘

生産性を劇的に高める「サクタスチーム」の活用法

<「さくさくタスクを処理する=サクタス」を達成するにはまず、プロジェクトを細かいタスクに分ける> 「働き方改革」の大きな目玉は長時間労働の是

2018.10.10

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 2

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 3

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 4

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 7

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 10

    連続爆発テロ:スリランカはなぜ狙われたのか

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 10

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!