コラム

「フラリーマン」の取扱説明書

2019年07月18日(木)16時45分
「フラリーマン」の取扱説明書

これだから早く帰りたくないんだ Yagi-Studio-iStock.

<働き方改革で長時間労働が是正された結果、退勤後もすぐに家に帰らずひたすら時間を浪費する「フラリーマン」が増えている。彼らをやる気にさせるコツは>

「私の夫がフラリーマンだったら最悪。退社後フラフラして帰ってきたら、ボロクソに言う」

ある主婦からこのように言われ、私はこうアドバイスしました。「頭ごなしに言うのは、絶対によくありません」と。

働き方改革によって長時間労働が是正され、急増しているのが「フラリーマン」です。

まっすぐ帰宅するのがいやで、会社を後にしてからフラフラと街をさまよう会社員を、最近は「フラリーマン」と呼ぶようです(ほとんどが男性)。

ゆっくり「立ち読み」できるカフェ付き書店や、「ちょい飲み」のメニューを用意する居酒屋が増えるほど、フラリーマンの潜在マーケットは拡大しています。

なぜまっすぐ帰宅しないのか?

フラリーマンが、まっすぐに帰宅しない理由はいろいろあるでしょう。代表的な理由が「一人の時間が欲しい」「家事を手伝うのが面倒」と言われていますが、前者の「一人の時間が欲しい」は後付けです。残業がたくさんあった時代もフラフラしていたのか、というとそうではないからです。

長時間労働の時代からフラフラしている人が多かったのなら「フラリーマン」などという新しい呼称が、最近できるはずがない。

理由はひとつだけ。後者の「家事を手伝うのが面倒」だから、です。

小さい子どもがいる家庭なら、なおさらでしょう。世の中の奥様は意識していないかもしれませんが、ご主人が家にいるとあれこれ用を頼みたくなりませんか。それは、「人の顔を見ると用事を思い出す」という心理現象です。

このような心理があるから、営業マンは外へ出てお客様のところへ足しげく顔を出すのです。顔を見せると「いいところに来てくださいました」と、思い出したように声を掛けてくれます。顔を見なければ思い出さないことを、お客様は無意識に思い出してくださるのです(成約の確率が高まる、ということです)。

反対に、営業が社内にいると、いろいろな人から声が掛かります。「ちょっと時間とってくれないか。意見を聞きたいことがある」「午後から時間あるかな? 商品開発の会議があるんだけど、君も出たほうがいいと思って」等々。

プロフィール

横山信弘

アタックス・セールス・アソシエイツ代表取締役社長。現場に入り、目標を絶対達成させるコンサルタント。全国でネット中継するモンスター朝会「絶対達成社長の会」発起人。「横山信弘のメルマガ草創花伝」は3.5万人の企業経営者、管理者が購読する。『絶対達成マインドのつくり方』『営業目標を絶対達成する』『絶対達成バイブル』など「絶対達成」シリーズの著者。著書はすべて、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。年間100回以上の講演、セミナーをこなす。ロジカルな技術、メソッドを激しく情熱的に伝えるセミナーパフォーマンスが最大の売り。最新刊は『自分を強くする』。

ニュース速報

ビジネス

アメリカン航空、21年夏季の国際線運航能力を25%

ビジネス

米貿易赤字、5月は9.7%増 輸出が09年以降で最

ビジネス

6月米雇用480万人増と過去最多、失業率は11.1

ワールド

台湾、住民に中国本土・香港・マカオへの渡航避けるよ

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まっていた

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 8

    コロナ禍なのにではなく、コロナ禍だからBlack Lives…

  • 9

    「大した問題でもないのにやり過ぎ」北朝鮮幹部、金…

  • 10

    急速に勢いを失いつつあるトランプ、大統領選の潮目…

  • 1

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 2

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

  • 5

    米南部の感染爆発は変異株の仕業?

  • 6

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 7

    米中スパコン戦争が過熱する中、「富岳」の世界一が…

  • 8

    韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

  • 9

    スウェーデンが「集団免疫戦略」を後悔? 感染率、…

  • 10

    傲慢な中国は世界の嫌われ者

  • 1

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 2

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 3

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持表明、鍵握る麻生副総理

  • 4

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 5

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 6

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

  • 7

    傲慢な中国は世界の嫌われ者

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 10

    木に吊るされた黒人男性の遺体、4件目──苦しい自殺説

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!