佐々木和義

広告プランナー兼コピーライター。京都の商業写真・映像制作会社を経て広告会社に転職し、住宅・不動産広告や三陸津波防災PR等に従事した。韓国に進出する食品会社の立上げを請け負い駐在員として2009年に渡韓。日本企業のアイデンティティや日本文化を正しく伝える必要性を感じ、2012年、広告制作会社PLUXを設立し、現在に至る。日系企業の韓国ビジネスをサポートする傍ら日本人の視点でソウル市に改善提案を行っている。韓国ソウル市在住。

韓国

韓国・株投資熱狂 投資を目的とする借入金も増え、家計債務世界1位に

2021.01.20
韓国

韓国・朴槿恵前大統領、懲役20年実刑確定で、李明博元大統領と共に恩赦が焦点に

2021.01.18
韓国

慰安婦訴訟、韓国国内にも判決と文在寅政権を批判する声も

2021.01.12
韓国

韓国・文政権、不動産政策とコロナ対策の失敗で、政権末期の死に体に?

2020.12.28
韓国

韓国政府、「K-防疫」を過信してワクチン手配に出遅れた?

2020.12.21
韓国

バイデンとの関係に苦慮する文在寅政権

2020.11.26
韓国

韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッド」参加を否定

2020.10.15
日韓関係

日韓のビジネス往来再開したが、関係改善や経済の活性化には繋がらない

2020.10.13
韓国

韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信広がる

2020.09.24
韓国

関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国、菅首相誕生への反応は

2020.09.21
韓国

文在寅政権を支える3人の首長が起こした性的暴行事件、さらに在ニュージーランド韓国大使館でも

2020.09.09
韓国

文在寅大統領「8・15演説」、日本との対話を強調 その事情とは......

2020.08.18
韓国

「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

2020.08.13
韓国

次期WTO事務局長選、韓国は日本に支持を呼びかけた......

2020.07.28
韓国

韓国、28年ぶりに「少女像」前で集会できなかった慰安婦支援団体 対立深まる

2020.07.17
韓国

韓国は「脱日本」の成功を強調 日本の輸出規制から1年、その実態は?

2020.07.15
韓国

韓国、航空運賃が下落し、済州島観光が人気

2020.06.29
韓国経済

韓国日産は撤退、いっぽう現代自動車は日本再進出か? 

2020.06.24
韓国

韓国、防疫強化期間を延長 文在寅大統領や閣僚は給与30%を返納し失業対策に

2020.06.16
韓国

韓国居住の外国人困惑 再入国の手続き厳格化で

2020.06.01

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月