コラム

日本の中心は諏訪にあり 「原日本」を求めて諏訪大社の秘密に迫る

2020年05月20日(水)12時30分

撮影:内村コースケ

第18回 諏訪大社上社参道 → 下諏訪駅
<令和の新時代を迎えた今、名実共に「戦後」が終わり、2020年代は新しい世代が新しい日本を築いていくことになるだろう。その新時代の幕開けを、飾らない日常を歩きながら体感したい。そう思って、東京の晴海埠頭から、新潟県糸魚川市の日本海を目指して歩き始めた。>

map1.jpg

「日本横断徒歩の旅」全行程の想定最短ルート :Googleマップより

map2.jpg

これまでの17回で実際に歩いてきたルート:YAMAP「活動データ」より

◆諏訪大社4社を1日で巡る「歩き旅」

7R401909.jpg

現在は生活道路になっている諏訪大社上社の参道

今回は諏訪大社を巡る。諏訪大社は、全国の諏訪神社の総本山的なメジャーな神社だが、最古の神社の一つと並び称される出雲大社のように「諏訪大社」という一つの大きな神社があるわけではない。まず、「上社」と「下社」に分かれ、さらに上社は「本宮」(長野県諏訪市)と「前宮」(茅野市)、下社は「秋宮」「春宮」(下諏訪町)に分かれる。つまり、諏訪湖を中心に散らばる4つの神社を総称して「諏訪大社」と言う。

そんな特異な形を取る諏訪大社は、日本の成り立ちを考えるうえで鍵となる存在だ。現代日本の象徴である天皇は神社と切っても切れない関係にあり、日本の国体は、時代の波にもまれながらも、根本的には神社とその信仰と共に築かれていったと言ってもいいのではないだろうか。一方、諏訪大社の悠久の歴史を紐解くと、それよりもさらに前の"原日本"ともいうべき日本人の真のルーツが見えてくる。「日本を知る」ことがこの『日本横断徒歩の旅』のテーマだから、今回はある意味旅全体のハイライトである。

スタート地点は、上社本宮の参道入り口。宮川にかかる橋の手前の大きな石造りの鳥居が目印だ。3kmほど歩くと上社本宮に至る。諏訪大社の参道というと、古式ゆかしい苔むした石畳の道などをイメージしがだが、実際の現在の姿は片側一車線のごく普通の生活道路。途中の交差点からは、全国チェーンのファストフード店や携帯ショップ、自動車ディーラーなどが立ち並ぶ、日本全国どこにでもある"埼玉通り"(現代日本の標準は埼玉にあり、とする魔夜峰央原作の映画『翔んで埼玉』にちなむ)も見えた。古の日本へといざなう参道は、現代の俗世をも包み込んでいた。

7R401891.jpg

諏訪大社上社本宮の参道と交差する"埼玉通り"

◆「原日本」と「現日本」が融合する地

7R401940.jpg

諏訪では、どんなに小さな社にも4本の御柱が立つ。さらに全国共通の鳥居も同居する

諏訪大社と言えば、7年に1度催される御柱祭が有名だ。山から切り出した御柱(長さ17m、直径1m、重さ10トンほど)を諏訪大社の4社へ各4本(計16本)、氏子たちが掛け声と共に曳いていく。御柱とは、境内の4隅に立てる御神木のことで、7年に一度の立て替え工事が神事(祭り)の形となったのが、天下の奇祭と言われる御柱祭の正体だと考えると分かりやすい。

御柱祭の最大の山場は、人が乗ったまま急斜面を下る「木落し」と、川を渡る「川越し」だ。普段は朴訥で控え目な諏訪の人々も、この日ばかりは燃え上がる。毎回のように死者とけが人が出ることもよく知られている。僕は、前回(2016年)の御柱祭をこの目で見たが、御柱は、一般的な祭りの神輿(みこし)や山車(だし)のごくプリミティブな形態なのだと解釈した。ルーツは縄文時代の巨木信仰にあるという説もあるように、日本の祭りの原風景が、諏訪の地には脈々と受け継がれている。

御柱祭は、諏訪大社だけのものではなく、小さな社を含め、諏訪地域の全ての諏訪神社で同時期に行われる。それらの小さな御柱祭は、地元では「小宮祭」と呼ばれている。当然、小宮祭で曳かれ、立てられた4本の御柱は、諏訪地域のどんな小さな神社にも見られる。面白いのは、全国共通の鳥居も併存していることだ。このある意味アンバランスな光景を、今回、上社本宮の参道沿いの土手下の社でも見かけた。御柱が象徴するのが縄文的な「原日本」なら、その後の神話時代に端を発する「現日本」の象徴は鳥居である。そして、両者が重なり合う諏訪の神社は、「原日本」と「現日本」の融合の象徴に見える。

プロフィール

内村コースケ

1970年ビルマ(現ミャンマー)生まれ。外交官だった父の転勤で少年時代をカナダとイギリスで過ごした。早稲田大学第一文学部卒業後、中日新聞の地方支局と社会部で記者を経験。かねてから希望していたカメラマン職に転じ、同東京本社(東京新聞)写真部でアフガン紛争などの撮影に従事した。2005年よりフリーとなり、「書けて撮れる」フォトジャーナリストとして、海外ニュース、帰国子女教育、地方移住、ペット・動物愛護問題などをテーマに執筆・撮影活動をしている。日本写真家協会(JPS)会員

ニュース速報

ビジネス

べインキャピタル初の日本特化ファンド、10億ドル調

ビジネス

世界の新車販売、40年には全てEVとFCVに=ホン

ビジネス

百度と吉利のEV合弁、5年間で77億ドル投資へ=C

ビジネス

3月全国百貨店売上高は前年比21.8%増、18カ月

MAGAZINE

特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

2021年4月27日号(4/20発売)

ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

人気ランキング

  • 1

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 2

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカの「頭の固い」ファンを黙らせた

  • 3

    中国ワクチン、有効率わずか50% 南米に動揺と失望が広がる

  • 4

    南シナ海で中国の空母の演習を「監視」する米海軍艦…

  • 5

    インドネシア海軍潜水艦、潜行中に消息不明に ドイ…

  • 6

    日米首脳会談で起きた3つのサプライズ

  • 7

    テスラ、中国の消費者に謝罪 モーターショー「ブー…

  • 8

    時価総額はついに1兆ドル! ビットコインのすさまじ…

  • 9

    今後、日本語は長くてくどくなる──コミュニケーショ…

  • 10

    「米軍は中国軍より弱い」とアメリカが主張する狙い…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 3

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 4

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

  • 5

    謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

  • 6

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 9

    史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

  • 10

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 6

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中