コラム

G7開催地の広島。素晴らしい街だが、知られていない一面もある

2023年05月24日(水)20時40分
周 来友(しゅう・らいゆう)(経営者、ジャーナリスト)
広島・原爆ドーム

ELOI_OMELLA/ISTOCK

<日本生活が長い中国人である私が、特に好きな街の1つが広島。明治維新に影響を与えたこの地で開かれたサミットは、歴史にどう位置付けられるのか>

5月19~21日、広島で主要7カ国(G7)の首脳が一堂に会した。国内事情から来日が危ぶまれたジョー・バイデン米大統領も、無事にこの素晴らしい街に降り立つことができて何よりだ。広島の魅力を1人でも多くの人に知ってもらえたのなら、私もうれしい。

え、なぜ中国浙江省生まれで北京育ちの私がうれしいかって?

自慢じゃないが、日本生活が長い私は47都道府県を全制覇している。住まいのある東京を足場に、北は北海道の利尻島、南は沖縄の石垣島まで足を運んだ。その中でも特に好きな街の1つが、実は広島なのである。

私にとって広島は複数の顔を持つ都市だ。1つはもちろん、アメリカに原爆を投下されたという歴史的な重みを持つ街として。中国人研修生の引率を含め、10回以上広島の平和記念資料館を訪れたが、当時の写真や資料を見るたびに言葉を失い、何度も涙を流した。

中国では原爆投下が日本の降伏を早め、中国を含む世界各地でのさらなる犠牲を食い止めたと歴史の授業で教わったが、広島を訪れるたび、アメリカの行為に対する考え方がどんどん違う方向へと傾いていった。今回この地でサミットを開き、「核兵器のない世界」を議論する意義の大きさはいかばかりか。

戦後、焼け野原から復興を遂げた広島は、ほかの街に比べると街並みが整然としている。街には活気があり、観光名所も少なくない。外国人観光客にも人気の厳島神社はえも言われぬ美しさだ。

海の幸も山の幸も豊富で、かきの入ったお好み焼きはまさに絶品。外国人からすれば広島弁も魅力的で、任侠映画の見すぎなのか「~じゃけん」といった方言を耳にすると、荒々しい男らしさを感じ、憧れてしまう。

個人的な話で恐縮だが、新婚ホヤホヤの頃、同時通訳の仕事で広島に来ていたときに、妻がわざわざ仕事を休んで私の働きぶりを見に来てくれたことがあった。仕事の合間を縫って、妻をエスコートし、広島城や縮景園を見学した。広島は私にとって、そんな思い出の街でもある。

その広島が明治維新に影響を与えた地であったことは、日本でもあまり知られていないだろう。

私は大学院で江戸時代後期の歴史家・思想家である頼山陽の漢詩について論文を書いた。この頼が記した歴史書『日本外史』は当時ベストセラーとなり、幕末の尊王攘夷運動に大きな影響を与えたとされるが、何を隠そう頼は広島育ちなのだ。広島市には頼山陽史跡資料館があり、もちろん私も訪れたことがある。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)
・ティムラズ・レジャバ(駐日ジョージア大使)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な

ワールド

イスラエル、戦争法規違反の可能性 国連が報告書
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story