コラム

イランと日本の意外な共通点──隣国との協力があってこそ今後も発展が続く

2020年04月01日(水)15時15分
石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
イランと日本の意外な共通点──隣国との協力があってこそ今後も発展が続く

REUTERS

<「アラブ諸国とまとめて中東」と呼ばれたくないイランと、UAE、サウジアラビアとの関係は、日中韓のそれと似ている>

早いもので3月も後半である。2020年は本当に時事ネタには困らない。中東情勢、イギリスのEU離脱、そして新型コロナウイルス......。国内外の重要な選挙もたくさん控えている。毎日ニュースが読み切れない。

今回は時事ネタや日本への苦言・提言・文句を一度忘れて、私の2つの祖国であるイランと日本の似ている点を紹介したい。

本誌の読者は博識な人が多いと思う。だから、「イラン」のイメージを聞かれて、砂漠やラクダがいっぱいのアラビアンナイトを思い浮かべる人はいないだろう(イランにはまだ日本に忍者がいると思っている人はゼロではない)。

イランは、中東で屈指の経済力と素晴らしい歴史・文明を持つ国だ。とても広い国土を有し、北部は日本の東北地方に似た気候で、冬には雪が降る。しかもしっかり積もる。本当に東北地方に雰囲気がそっくりだ。イランに行くならぜひ北部に寄ってほしい。

言語は主にペルシャ語。イスラム教がイランに入ってくるずっとずっと以前からある言葉だ。ペルシャ語とアラビア語は文字こそ共通しているが、互いの意思疎通は難しい。同じ漢字を使うのに、日本人と中国人が互いの話を分からないのと同じだ。

イラン人は自尊心が強いので、近くの国と一緒にされたくない。イラン人はアラブ人ではなくペルシャ人であるということに強い誇りを持っている。そこには紀元前3000年から続く歴史、さらにアケメネス朝キュロス大王・ダレイオス大王の末裔だという自負がある。だからイラン人はアラブ人と一緒にされることを嫌がるし、「アラブ諸国とまとめて中東」と呼ばれることにも、正直抵抗を感じている。ペルシャ湾をアラビア湾と呼ばれると「違う!」となる。

そういった周辺国との関係が私は日本と似ていると思う。イラン、アラブ首長国連邦(UAE)、サウジアラビアの3国は、それぞれ日本と韓国と中国の関係にとても近い。

数千年前までさかのぼると、日本と周辺国との関係同様、占領したりされたりの歴史があり、恨みつらみはもちろんある。現代における3国間の関係は、日中韓の関係に緊張感も似ていて面白い。

イランは1979年のイスラム革命まで親米・親英国家として大いに発展した。直接投資に支えられ、高層ビルや高速道路が次々と建設され、教育水準も上がり、中東随一の繁栄を極めた。君主は周辺国に多大な援助を行った。エリザベス・テイラーやアラン・ドロン、高倉健ら有名人もイランを訪問した。そして現在は核開発問題と経済制裁で苦境にある。UAEはイランのこの苦境をチャンスに変えた。一昔前は小さな漁村だったドバイは今や金融の一大拠点になった。私は日本が韓国にITで出遅れたのと同じ雰囲気を感じている。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)

ニュース速報

ワールド

コロナ感染の米大統領補佐官が職務復帰、トランプ氏と

ワールド

原油先物は上昇、米追加刺激策の進展期待で

ワールド

コロナ感染、若者の割合3倍超に WHO「気緩めず予

ビジネス

米SEC、コダックへの政府融資巡る状況を調査=WS

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国のコンテンツビジネス、ダントツの稼ぎ頭は......

  • 3

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み込んだ自動拳銃「白頭山」

  • 4

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 5

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 6

    米国の新型コロナ感染、異常に拡大し新段階に=トラ…

  • 7

    韓国・植物園の「客寄せ」だった土下座像が象徴する…

  • 8

    「文化の盗用」は何が問題で、誰なら許されるのか?…

  • 9

    『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』は何の本…

  • 10

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 7

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 8

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 9

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 10

    東京都、30日コロナ感染367人で過去最多 小池知事、酒…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!