コラム

未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなくトヨタを選んだのか?

2021年01月21日(木)19時15分
未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなくトヨタを選んだのか?

ドイツのタクシーはトヨタのハイブリッド・プリウスが目立っている。ベルリンでは1200台のプリウス・タクシーが走っている。©TOYOTA Europe

<オランダのグローバルなインパクト投資企業の投資基準にテスラが適合せず、彼らがトヨタを選んだことに欧州では注目が集まっている......>

「ハイブリッド」の再評価

大気汚染や温暖化への対策として、電気自動車(EV)への移行は喫緊な課題だと強調される。自動車大国ドイツでも、EVへのシフトは徐々にはじまっている。しかし、ドイツのタクシー車両の約60%はメルセデスで、2位のフォルクスワーゲンが約20%を占めているが、これらのクルマのほとんどは燃焼エンジン車である。

ベルリンでは、メルセデスに次いでトヨタが2位に続いている。市内7,500台のタクシーのうち1,200台がトヨタで、そのほとんどはハイブリッド・プリウスである。タクシーにおけるハイブリッド車の利点は明らかだ。燃焼エンジンと電気モーターの組み合わせは、特に都心部の走行でその強みを発揮する。

24年前、世界に先駆けて環境に配慮したプリウスを発売したトヨタは、これまでに1,500万台以上のハイブリッド車を販売し、現在、世界90か国で36の電動車両モデルを提供している。トヨタは、今後5年間で40台の新車またはアップグレード車を市場に投入する予定だ。

トヨタ・ヨーロッパは、今年度中に、ドイツで1,000台のプリウス・タクシーを販売することを目標にしている。ドイツの「Auto Bild」誌は、TOYOTA PRIUS + TAXIに「ベスト・カンパニーカー2019」特別賞を授与した。プリウスは、世界のタクシー事業の基準を設定したと評価されたのだ。環境保護の街ベルリンで、プリウスはタクシー以外でも支持されている。最近では、ベルリン警察もプリウスを採用している。

ギガファクトリー・ベルリン

2020年、EV世界最大手で知られるテスラが、ネバダ、ニューヨーク州バッファロー、上海に次ぐ4番目のギガ・ファクトリーをベルリン郊外に作ると発表した。以来、地元に大規模な雇用が生まれる期待と同時に、環境問題の火種も生じてきた。今、ベルリン近郊のグリュンハイデにあるギガ・ファクトリーでは、急ピッチに工事が進められている。2021年7月には生産を開始し、当初は7.000から8,000人、その後12,000人の従業員で年間最大50万台の車両を生産する予定だ。

takemura0121_1.jpg

ベルリンの南東、グリュンハイデの森林地区に建設中のテスラのギガファクトリー。2021年7月から生産を開始する予定だ。©Ralf Roletschek, CC BY-SA 1.0 fi

2020年1月初旬から承認手続きが開始され、ブランデンブルク州議会は、ベルリンのブランデンブルク新空港にも近い工場予定地の購入契約を承認した。テスラが購入した302ヘクタールにおよぶ林地の土地価格は、約4,100万ユーロ(約51億3,000万円)と言われている。

テスラは、計画されている工場建設費を11億ユーロ(約1,377億円)弱と見積もっていたが、CEOであるイーロン・マスクは、昨年12月、「ビジネスインサイダー」誌に「残念ながら予算は超過する」と語った。環境保全活動家や地域の住民は、工場が環境に悪影響を与えることを恐れている。彼らは工場での水の消費量が多すぎると考えており、保護動物が危険にさらされると心配している。

株式市場を見てみると、テスラがどれだけ自動車業界をかき乱しているかがわかる。テスラは現在、時価総額で1,600億ユーロ(約20兆1,613億円)以上の価値を持ち、フォルクスワーゲンとBMWの合計よりも価値があることになっている。テスラは昨年、全世界で37万台弱を販売したが、VWグループとBMWは、合わせて約1,350万台を販売していた。

プロフィール

武邑光裕

メディア美学者、「武邑塾」塾長。Center for the Study of Digital Lifeフェロー。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。インターネットの黎明期から現代のソーシャルメディア、AIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。このほか『さよならインターネット GDPRはネットとデータをどう変えるのか』(ダイヤモンド社)、『ベルリン・都市・未来』(太田出版)などがある。新著は『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』(黒鳥社)。現在ベルリン在住。

ニュース速報

ビジネス

午前の日経平均は反発、米株上昇と円安好感 後半伸び

ワールド

イラン、二重国籍の英女性の自宅軟禁解く 新たな容疑

ワールド

米国の高校生は秋までにワクチン接種、小学生は来年初

ワールド

アストラゼネカ製ワクチン、オーストリアで接種中断 

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 4

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 9

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 10

    トランプ後継への隠し切れない野心、元国連大使ニッ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 7

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 8

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 9

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!