最新記事
英王室

キャサリン妃の母親が見舞われた「ピンチ」の瞬間...ウィリアム皇太子が颯爽と救い出したシーンが話題に

Moment Prince William Rescued Princess Kate's Mom in Photos

2024年6月23日(日)13時00分
ジェームズ・クロフォード=スミス
キャサリン妃の母親のピンチをウィリアム皇太子が救う

Stefan Wermuth-Reuters

<ロイヤル・アスコットの最中、ハプニングに見舞われたキャロル・ミドルトンに救いの手を差し伸べたのはウィリアム皇太子だった>

英ウィリアム皇太子は6月19日(現地時間)、アスコット競馬場で、身動きできず困っている義母キャロル・ミドルトンに、自ら救いの手を差し伸べ、その瞬間が撮影されていた。キャロル・ミドルトンの娘であるキャサリン皇太子妃はがんの治療中で、このイベントは欠席していた。

■【写真】ウィリアム皇太子が、キャサリン妃の母親の「ピンチ」を救ったシーンが話題...「さすが!」とネット喝采

ウィリアム皇太子が出席していたのは、「ロイヤル・アスコット」。英バークシャー州にあるウィンザー城近くのアスコット競馬場で開催される、王室主催の伝統的な競馬の祭典だ。開催2日目のこの日は、王室からほかにもカミラ王妃を含む大勢の親族などが出席していた。そのなかにいたのが、キャサリン妃の両親、マイケルとキャロルのミドルトン夫妻だ。

ミドルトン夫妻の出席には注目が集まっていた。なぜなら、長女のキャサリン妃が3月に、がんと診断されて予防的な抗がん剤治療を受けていることを公表して以降、初めて公の場に姿を現したからだ。

キャサリン妃は6月15日、ロンドンで公務に復帰。チャールズ国王の公式誕生日を祝う閲兵式「トルーピング・ザ・カラー(Trooping the Colour)」に出席した。公の場に姿を見せたのは、昨年クリスマスに行われた、報道向けの公式撮影会以来だ。

キャロル・ミドルトンのハイヒールが......

ミドルトン夫妻はロイヤル・アスコットの会場で、ウィリアム皇太子のいとこでアン王女の娘ザラ・ティンダルや、アンドルー王子の娘ユージェニー王女といった王室メンバーと交流していた。

そんなイベントの最中、キャロル・ミドルトンは勝ち馬表彰式で歓談中に、気まずい瞬間を写真に撮られた。履いていたハイヒールのかかとが芝生に刺さり、動けなくなってしまったのだ。

すると、近くにいたウィリアム皇太子がやって来て手を差し伸べ、かかとが芝生から抜けるようキャロルを引っ張った。その瞬間をとらえたのは、ロイヤル・アスコットを取材していた報道カメラマンだった。写真を見ると、ウィリアム皇太子はちょっとしたハプニング発生で、朗らかに笑っている。

ウィリアム皇太子と義父母の関係が注目を集めたのは2023年。エリザベス女王の治世を描いたネットフリックスのドラマシリーズ「ザ・クラウン」最終第6シーズンで、ウィリアム皇太子とキャサリン妃のなれそめなどがドラマ化されたときだ。

劇中でキャロル・ミドルトンは、娘を未来の国王と結婚させようと目論む「ソーシャル・クライマー(上流階級の仲間入りを目指す人)」として描かれている。これが英国で批判を浴び、ソーシャルメディアでは「性差別的」で「男尊女卑」だと評された。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

オバマ元大統領、ハリス氏支持表明へ 民主党大統領候

ビジネス

中国の大手国有銀行、預金金利引き下げ 利下げ受け

ビジネス

米ボーイング司法取引に最終合意、墜落事故で2.4億

ビジネス

ホンダ、中国苦戦で四輪生産能力削減へ ガソリン車中
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中