最新記事
トランプ

「あごのラインが大王に激似」...トランプ前大統領の末息子「バロン王子」に少女たちの妄想が止まらない

The Other Trump Son Emerges

2024年5月27日(月)12時25分
ルーク・ウィンキー

目を引く規格外の体格

「MAGA(アメリカを再び偉大に)派の中でも一部の極端な人々は、トランプが大統領に就いたのはある種のタイムトラベル実験であったとか、過去に予見された出来事であったなどと、この大昔の無名作品を根拠に主張している」と、ロスチャイルドは言う。とはいえ、「バロンが成人後に復讐者として降臨し、トランプ路線を恒久化するであろうという考えは、比較的最近になって出てきた」。

その思想はネット上の随所に見られる。あるTikTok(ティックトック)クリエーターは、幼いバロンの映像に暗い音楽を付け、「父親が迫害されるのを彼が見てるのが分からない?」と投稿した。

またトランプが最近、バロンは政治のアドバイスをしたがることがあると(軽薄に)話したと報道されると、X上ではローマ皇帝カエサルを兵士らがあがめるGIF画像が拡散された。「バロン・トランプはアメリカのカエサルに間違いない」との投稿も。

バロンは思い込みの激しい熱狂的支持者が忠誠心を投影する対象と化している。陰謀論をテーマにした著作のあるケリー・ワイルによれば、一部の終末論信者は「優れた血統の一族」という概念に夢中になる傾向があるという。彼らの思想は、反移民政策や安っぽい政治劇にも利用される。

「これは右派の優生学信奉者によくある傾向だ」と、ワイルは言う。「トランプがキリストの血統だなどと主張するQアノン界隈や、移民は『わが国の血を毒する』というトランプ自身の発言に表れている。こうしたイデオロギーは、トランプ一族を中心としたアメリカ王室主義的な考え方に結び付きがちだ」

知っておかなければならないもう1つの要素がある。バロンがとんでもなく身体的に規格外であるという事実だ。彼は推定身長2メートル、しっかりした体格で、それがまた復讐に燃える征服者というイメージを確実に助長している。「沈黙の復讐者として完璧だ」と、ロスチャイルドは言う。

ロスチャイルドは、バロン・ブランドの核心を成す要素をこう定義する。バロンは初めて口を開いて自らの見解を表明するその日まで、「暗号」であり続ける。それまではあらゆる印象を投影することが可能なのだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏銃撃、犯行動機なお不明 警護隊は「迅速に

ワールド

米連邦地裁判事、トランプ氏の機密文書持ち出し事件の

ワールド

主要労組、24年米大統領選候補に支持表明しない可能

ビジネス

インフレ抑制、第2四半期に進展 「確信幾分強まる」
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に上回る=独紙
  • 4
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 5
    タンポンに有害物質が含まれている...鉛やヒ素を研究…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 8
    これからの蚊対策は「殺さず吸わせず」 痒いところ…
  • 9
    「これは真剣なやつだよ」...キャサリン妃の「マジメ…
  • 10
    トランプ氏銃撃事件を受け、ドル上昇・米国債下落...…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 6
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 7
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 8
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 9
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 10
    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中