最新記事
ウクライナ戦争

ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

Mystery disk-shaped UFO spotted by recon drone in Ukraine

2024年3月1日(金)20時10分
イザベル・ファン・ブリューゲン
ウクライナ軍のドローン

Leah Millis-Reuters

<ウクライナ軍が飛ばした偵察用ドローンが撮影した「謎の円盤状」飛行物体。兵士たちは「UFOだ」と驚きの声>

ウクライナ軍の偵察用ドローンに取り付けられたカメラから送られてくる映像をチェックしていた兵士たちが、奇妙なものを発見した。それは上空に浮かぶ円盤状の物体で、空中の同じ場所にとどまっているように見える。映像を見ながら兵士たちは「UFOではないか」と会話しており、その様子は動画に撮影されて公開された。

■【動画】ウクライナ軍ドローンが撮影した、上空に浮かぶ「謎の円盤」...新型兵器か、UFOか!? 「空中に静止している」

問題の動画は、ウクライナで続く戦争に関する最新情報を頻繁に投稿している@albafellaというユーザーが、X(旧ツイッター)上で共有したものだ。自称「軍事・政治ブロガー」の@albafellaは2月28日に動画を投稿し、「ウクライナ軍の兵士たちが、戦闘地域で未確認の円盤状の物体を撮影した」と説明した。

ウクライナでは戦争開始以来、ドローンが重要な役割を果たしてきた。ウクライナのミハイル・フェドロフ副首相兼デジタル改革担当相は、2022年2月にロシアによるウクライナへの本格的な軍事侵攻が始まった当初から、ウクライナのドローン計画を指揮してきた。

またウクライナ政府は「アーミー・オブ・ドローンズ(ドローン軍)」と称するドローン使用と技術革新を促進するプロジェクトを立ち上げ、ドローン調達のための資金調達キャンペーンを展開してきた。

「あれは絶対にUFOだ」「突っ込んでみるか?」

今回の動画を最初に独占入手したという英デイリー・メール紙によれば、動画はウクライナの第406砲兵旅団が、ウクライナ軍が保有する300機超の「熱探知カメラ搭載の」クワッドコプター(4つの回転翼のドローン)のうち1機を使用して撮影されたものだ。このドローンが海抜150メートル以上のところを飛行していた時に、兵士たちは前方に謎の物体を見つけた。

本誌はこの動画の信ぴょう性について独自に確認することができず、ウクライナ国防省にメールで問い合わせたが、現在までに返答はない。

動画の中で同旅団の一人が「なぜ向こうはこっちにミサイルを発射してこないんだろう」と尋ねると、別の兵士が「どういう意味だ?」と応じる。カメラがズームしても謎の物体はじっと動かず、一人の兵士が「なんてことだ。あれは何だ?どうして動いていないんだ?」と問いかけると、別の兵士が「あれは絶対にUFOだ。画面上でずっと同じところにとどまっている」と述べた。

別の兵士が「もっとズームして。ほら、じっとして動かないだろう?」と言い、「熱探知カメラには何も映っていないのか?」と尋ねると、ほかの兵士が「突っ込んでみるか?」と提案した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏「ウクライナ存続は米にとって重要」、姿勢

ワールド

IMF、中東・北アフリカ成長予想を下方修正 紛争激

ビジネス

米国株式市場=ほぼ横ばい、経済指標や企業決算見極め

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、米指標やFRB高官発言受け
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

  • 3

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離れ」外貨準備のうち、金が約4%を占める

  • 4

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 5

    「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイラン…

  • 6

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 9

    ヨルダン王女、イランの無人機5機を撃墜して人類への…

  • 10

    紅麴サプリ問題を「規制緩和」のせいにする大間違い.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 5

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 6

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中