最新記事
ウクライナ情勢

ロシア軍の戦車に徒歩で忍び寄り、爆破して離脱するウクライナ特殊部隊がまるで忍者!

Video shows Russian tank engulfed in fiery explosion after "SSO" strike

2023年4月27日(木)14時14分
ブレンダン・コール

2022年アーミーゲームの戦車バイアスロンに出場したT-72戦車(モスクワ郊外) Maxim Shemetov-REUTERS

<ロシアが得々とウクライナに投入した最新鋭戦車T-72を、すかさず破壊してその哀れな姿をウクライナ軍がネットに投稿>

ウクライナ軍は、東部ドネツク地方でロシア軍の戦車を破壊したとする動画をインターネット上に投稿した。

ウクライナ軍参謀本部はフェイスブックのページで、ドネツク地方で特殊作戦部隊(SSO)が展開している作戦を紹介する1本の動画を投稿した。

この投稿によれば、敵の武器を破壊せよという命令を受けている特殊作戦部隊は、地雷や爆発物などの障害物を避けてロシア軍の戦車に到達。赤外線カメラで撮影された動画では、彼らが一列になって戦車に近づき、離れると同時に大爆発が起こる様子が見てとれる。

【動画】大炎上、ロシア戦車に忍び寄って破壊したウクライナ軍特殊部隊

ロシア軍のT-72戦車と歩兵戦闘車BMP-1が「敵の目の前で爆発する様子」だ、とコメントにはある。BMP-1は旧ソ連製の水陸両用装甲歩兵戦闘車だ。撮影した日付は入っておらず、本誌は動画またはコメント(翻訳)を独自に確かめられてはいない。

ロシア国防省にはメールでコメントを求めたが、返答はなかった。

鳴物入りで登場したT-14

この動画が公表される前、ロシアのメディアはウクライナとの戦いに最新鋭戦車「T-14アルマータ」が投入されたと大々的に報じていた。

ロシアの国営通信社RIAは、これらの「画期的な」戦車がウクライナに到着したと報道。だがT-14は現在のところ前線には配備されておらず、離れたところからウクライナ陣地への砲撃を行っている。

T-14は開発に10年以上が費やされたとみられているが、これまで何度も遅延や製造上のトラブルに見舞われてきた。T-14の投入はロシア軍の士気を高めることにはつながるだろうが、英国防当局者らは、このような最新装備を前線に配備するのはリスクが高いと指摘している。

ウクライナは今後、アメリカから主力戦車「M1エイブラムス」の供与を受ける予定だ。ジョー・バイデン米大統領が1月に発表した、ウクライナへの軍事支援強化策の一環として提供するものだが、ロイド・オースティン米国防長官は4月21日、支援を「加速」させるために今後「数週間で」エイブラムスの訓練を開始すると述べた。

エイブラムスは重さ73トン超。最高時速は約67キロメートルで、圧倒的な火力と機動力を誇る。イギリスが供与した「チャレンジャー2」やヨーロッパで一番人気のあるドイツ製「レオポルト2」と並び称される戦車だ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、ウクライナ大統領と電話会談 「戦争終わ

ビジネス

日鉄、ポンペオ氏をアドバイザーに トランプ前政権閣

ワールド

〔情報BOX〕米民主34議員、バイデン大統領に撤退

ワールド

世界的システム障害、航空便や医療など影響多岐に 脆
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 6
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 7
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 8
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中