最新記事

台湾有事

ロシア旗艦「モスクワ号」撃沈にいちばん動揺したのは、中国軍?──空母と台湾有事

The Moskva’s Lessons

2022年10月27日(木)14時51分
アレキサンダー・ウーリー(ジャーナリスト、元英国海軍将校)

今年7月、大規模軍事演習でミサイルを発射する台湾海軍の艦艇 ANN WANGーREUTERS

<今年6月、3隻目の空母「福建」を進水させてばかりの中国。しかし、トラックに積んだ2発のミサイルで「モスクワ」を沈めたウクライナ軍の大戦果、そして台湾に対して何を考えたか?>

4月14日、海軍を持たないといってもいい国が、海で見事な勝利を収めた。ウクライナ軍が陸上から対艦ミサイル「ネプチューン」を2発発射し、ロシアのミサイル巡洋艦「モスクワ」を黒海に沈めたのだ。

【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

この衝撃的勝利は、約8000キロ離れた場所で起きるかもしれない紛争を考える際の参考になりそうだ。問題の海域ではいつか中国が、同様の地対艦ミサイルを用いてアメリカと同盟国を西太平洋から駆逐しようとするかもしれない。

ネプチューンの使用は、ウクライナの陸上部隊が戦力で圧倒的に優勢なロシア軍に対して巧みに展開した非対称戦の海上版に思える。

ウクライナはモスクワ号にミサイルを命中させたが、これは明確な戦略の一環というより射程圏に入った標的を臨機応変に捉えた形だ。だから応用できるケースは限られそうだが、台湾有事の戦略に関する議論で話題になっている。

過去数十年間、米海軍の艦隊は敵を寄せ付けることなく、敵国の海岸線に悠々接近することができた。ロシアも4月13日までは、黒海について同様の自信を持っていた。

「接近阻止・領域拒否(A2AD)」はアメリカの造語で、元来、米軍が領海に近づくのを阻もうとする中国の軍事作戦を指す。

A2ADの中で米艦隊にとって最も致命的になり得るのが、世界最大の陸上発射型ミサイル軍「人民解放軍ロケット軍(PLARF)」だ。ミサイル軍は西側ではなじみがないが、独裁国家の軍事パレードには欠かせない。

PLARFは、通常の弾道ミサイルと巡航ミサイル2000基以上を有する。南シナ海で米軍の空母打撃群を狙い、台湾付近に展開する部隊を本土沿岸の基地から援護できる対艦ミサイルにも力を入れる。

アメリカと同盟国軍の船上防衛システムを、PLARFは数で圧倒しようとするだろう。ウクライナがトラックに積んだミサイル2発でロシアの旗艦を沈めるのを見て、中国の軍事計画者は色めき立ったはずだ。

1983年に就役したモスクワは冷戦時代の老艦だった。対艦ミサイルで完全武装していたが、発射する相手はいなかった。

一方軍事化が進む現在の西太平洋では、兵器もそれを運搬するプラットフォームもセンサーも性能・規模共に進化し、技術革新競争が加速化している。

中国が改良する陸上発射型弾道ミサイルと極超音速対艦ミサイルに、アメリカと同盟国は敵の兵力を物理的に破壊する「ハードキル」と諜報活動や電子戦で無力化する「ソフトキル」の両面から対抗するだろう。

中国の極超音速対艦ミサイルは、既に南シナ海のほぼ全域を射程圏内に収めているとも言われている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、FOMC控え

ビジネス

米国株式市場=反落、重要イベント控えテクノロジー株

ワールド

原油先物2%安、主要中銀利上げ観測とロシアの輸出堅

ビジネス

米財務省、第1四半期は9320億ドル借り入れ 見通

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大批判...キャサリンの「お手本」に脚光も

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 8

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 9

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 10

    メーガン妃の今後を案じ、ヘンリー王子が「絶望」を…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 3

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線をかっさらう

  • 4

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 10

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月