最新記事

軍艦

【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

New Video Appears to Show Sinking Russian Warship Moskva

2022年4月19日(火)17時16分
イザベル・ファン・ブリューゲン

「モスクワ」かつての勇姿(2003年、インドのムンバイ近く) Roy Madhur- REUTERS

<動画が本物なら、ロシア政府が言うように天候は「荒れて」おらず、「モスクワ」は穏やかな海で黒煙を上げながら大きく横に傾きながら沈んだ>

ロシア黒海艦隊の旗艦であるミサイル巡洋艦「モスクワ」が、沈没する直前の様子をとらえたとみられる新たな動画が、インターネット上に投稿された。わずか3秒の短い動画には、黒い煙に包まれている「モスクワ」とみられる艦船が映っている。

ウクライナ軍は4月13日、対艦ミサイル2発を「モスクワ」に命中させたと主張。一方のロシアは、搭載していた弾薬の爆発により損傷を受けたとの説明を変えておらず、米国防総省は「モスクワ」損傷の原因をまだ確認できていない。

近くを航行していた船舶から撮影されたとみられる3秒間の動画には、煙を上げ艦体が傾く「モスクワ」と、その近くにある曳航船とみられる船舶が映っている。動画は「ばか者!何をしているんだ!」という男性の怒鳴り声と共に途絶える。

ソーシャルメディア上には今回の動画に先立ち、「モスクワ」を撮影したとみられる画像が出回っている。画像からは、救命艇が既に降ろされていたことが伺える。

「海が荒れたため沈没」

これらの動画と画像が本物かどうかについて、本誌では確認ができていない。動画を最初に広めたのは、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領によるウクライナ侵攻の追跡調査を行っている、OSINT(オープンソース・インテリジェンス:公開情報を分析して情報を読み取る手法)の研究者たちだとみられている。

ウクライナ軍は、2発の対艦ミサイル「ネプチューン」を命中させて「モスクワ」を沈没させたと主張する。

ロシア国防省は国営タス通信に対して、「モスクワ」には約500人の乗組員が乗っていたと述べ、「(モスクワは)曳航先の港に向かう途中、搭載していた弾薬が爆発して火災が発生し、船体が損傷したことから安定性を失った」と説明。「海が荒れたため、沈没した」と述べた。

ネット上に出回っている動画と画像を見る限り、悪天候で海が荒れている様子はない。

ロシア国防省はまた、乗組員は全員避難し、クリミア半島にあるセバストポリの港に退避しているとも述べた。

ロシア政府は、「モスクワ」の沈没によって乗組員に犠牲者が出たかどうかを明らかにしていない。しかしロシアのソーシャルネットワーク・プラットフォーム「フコンタクテ」への複数の投稿によれば、複数の親族の元に、乗組員が「行方不明になっている」という連絡が入っているということだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米下院議長、債務上限巡り大統領と再会談へ 「歳出改

ビジネス

アマゾンの第4四半期、売上高が予想上回る クラウド

ワールド

ブラジル上院議員、ボルソナロ氏側近が選挙結果覆す企

ビジネス

米NEC委員長退任へ、バイデン氏が慰労と感謝表明

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 3

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファンに衝撃走る

  • 4

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 5

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシアで「国を滅ぼすような内戦」が起きる可能性...…

  • 8

    「ロシアは勝てないが、ウクライナも勝てない」──「…

  • 9

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 10

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 6

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 7

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 8

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 9

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 10

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月