最新記事

軍艦

【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

New Video Appears to Show Sinking Russian Warship Moskva

2022年4月19日(火)17時16分
イザベル・ファン・ブリューゲン

「モスクワ」かつての勇姿(2003年、インドのムンバイ近く) Roy Madhur- REUTERS

<動画が本物なら、ロシア政府が言うように天候は「荒れて」おらず、「モスクワ」は穏やかな海で黒煙を上げながら大きく横に傾きながら沈んだ>

ロシア黒海艦隊の旗艦であるミサイル巡洋艦「モスクワ」が、沈没する直前の様子をとらえたとみられる新たな動画が、インターネット上に投稿された。わずか3秒の短い動画には、黒い煙に包まれている「モスクワ」とみられる艦船が映っている。

ウクライナ軍は4月13日、対艦ミサイル2発を「モスクワ」に命中させたと主張。一方のロシアは、搭載していた弾薬の爆発により損傷を受けたとの説明を変えておらず、米国防総省は「モスクワ」損傷の原因をまだ確認できていない。

近くを航行していた船舶から撮影されたとみられる3秒間の動画には、煙を上げ艦体が傾く「モスクワ」と、その近くにある曳航船とみられる船舶が映っている。動画は「ばか者!何をしているんだ!」という男性の怒鳴り声と共に途絶える。

ソーシャルメディア上には今回の動画に先立ち、「モスクワ」を撮影したとみられる画像が出回っている。画像からは、救命艇が既に降ろされていたことが伺える。

「海が荒れたため沈没」

これらの動画と画像が本物かどうかについて、本誌では確認ができていない。動画を最初に広めたのは、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領によるウクライナ侵攻の追跡調査を行っている、OSINT(オープンソース・インテリジェンス:公開情報を分析して情報を読み取る手法)の研究者たちだとみられている。

ウクライナ軍は、2発の対艦ミサイル「ネプチューン」を命中させて「モスクワ」を沈没させたと主張する。

ロシア国防省は国営タス通信に対して、「モスクワ」には約500人の乗組員が乗っていたと述べ、「(モスクワは)曳航先の港に向かう途中、搭載していた弾薬が爆発して火災が発生し、船体が損傷したことから安定性を失った」と説明。「海が荒れたため、沈没した」と述べた。

ネット上に出回っている動画と画像を見る限り、悪天候で海が荒れている様子はない。

ロシア国防省はまた、乗組員は全員避難し、クリミア半島にあるセバストポリの港に退避しているとも述べた。

ロシア政府は、「モスクワ」の沈没によって乗組員に犠牲者が出たかどうかを明らかにしていない。しかしロシアのソーシャルネットワーク・プラットフォーム「フコンタクテ」への複数の投稿によれば、複数の親族の元に、乗組員が「行方不明になっている」という連絡が入っているということだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

英金融・専門サービス部門、上位所得者の女性比率がコ

ワールド

北朝鮮、衛星打ち上げを日本の海保に通告 6月4日午

ワールド

米大統領選、無党派層の景況感が悪化 バイデン氏への

ワールド

中国首相、友好的な中日交流望むと岸田首相に伝達=外
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中