注目のキーワード

最新記事

軍艦

【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

New Video Appears to Show Sinking Russian Warship Moskva

2022年4月19日(火)17時16分
イザベル・ファン・ブリューゲン

「モスクワ」かつての勇姿(2003年、インドのムンバイ近く) Roy Madhur- REUTERS

<動画が本物なら、ロシア政府が言うように天候は「荒れて」おらず、「モスクワ」は穏やかな海で黒煙を上げながら大きく横に傾きながら沈んだ>

ロシア黒海艦隊の旗艦であるミサイル巡洋艦「モスクワ」が、沈没する直前の様子をとらえたとみられる新たな動画が、インターネット上に投稿された。わずか3秒の短い動画には、黒い煙に包まれている「モスクワ」とみられる艦船が映っている。

ウクライナ軍は4月13日、対艦ミサイル2発を「モスクワ」に命中させたと主張。一方のロシアは、搭載していた弾薬の爆発により損傷を受けたとの説明を変えておらず、米国防総省は「モスクワ」損傷の原因をまだ確認できていない。

近くを航行していた船舶から撮影されたとみられる3秒間の動画には、煙を上げ艦体が傾く「モスクワ」と、その近くにある曳航船とみられる船舶が映っている。動画は「ばか者!何をしているんだ!」という男性の怒鳴り声と共に途絶える。

ソーシャルメディア上には今回の動画に先立ち、「モスクワ」を撮影したとみられる画像が出回っている。画像からは、救命艇が既に降ろされていたことが伺える。

「海が荒れたため沈没」

これらの動画と画像が本物かどうかについて、本誌では確認ができていない。動画を最初に広めたのは、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領によるウクライナ侵攻の追跡調査を行っている、OSINT(オープンソース・インテリジェンス:公開情報を分析して情報を読み取る手法)の研究者たちだとみられている。

ウクライナ軍は、2発の対艦ミサイル「ネプチューン」を命中させて「モスクワ」を沈没させたと主張する。

ロシア国防省は国営タス通信に対して、「モスクワ」には約500人の乗組員が乗っていたと述べ、「(モスクワは)曳航先の港に向かう途中、搭載していた弾薬が爆発して火災が発生し、船体が損傷したことから安定性を失った」と説明。「海が荒れたため、沈没した」と述べた。

ネット上に出回っている動画と画像を見る限り、悪天候で海が荒れている様子はない。

ロシア国防省はまた、乗組員は全員避難し、クリミア半島にあるセバストポリの港に退避しているとも述べた。

ロシア政府は、「モスクワ」の沈没によって乗組員に犠牲者が出たかどうかを明らかにしていない。しかしロシアのソーシャルネットワーク・プラットフォーム「フコンタクテ」への複数の投稿によれば、複数の親族の元に、乗組員が「行方不明になっている」という連絡が入っているということだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

伊インテーザ・サンパオロ株が上昇、ECBが自社株買

ビジネス

ルーブル、2%下落後持ち直す ロシア国債デフォルト

ワールド

G7、対ロ圧力強化表明へ ウクライナに「前例ない」

ワールド

豪炭素排出量、21年は1%近く増加 コロナ禍から経

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR会社」と「情報戦」の深層

  • 4

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    カムバック期待のBLACKPINKが築き上げた「帝国」の富…

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月