最新記事

UFO

「UFOの真実はそこにある!!」15歳から機密文書を発掘してきた僕のライフワーク

The Truth Is Out There

2022年6月8日(水)15時53分
ジョン・グリーンウォルドJr.(UFO研究家)
UFO研究家

グリーンウォルド(上)はウェブサイトで300万ページの情報を無料で公開している JOHN GREENEWALD JR.

<約50年ぶりに米議会でUFOに関する公聴会が開かれることが5月に発表された。未確認飛行物体に関する謎の解明のために、政府にさらなる情報公開を求めたい>

約50年ぶりに米議会で未確認飛行物体(UFO)に関する公聴会が開かれることが報じられたのは、5月の初旬。議会がようやくこの重要なトピックを取り上げると聞いて、もちろん僕は興奮した。

UFOに興味を持ち、政府の情報を探ろうと思い立ったのは15歳のときだった。政府がUFOについて真実を知っているなら、僕も知りたい。そこで情報自由法に基づき、機密指定を解除された文書の開示を求めた。

手に入れた情報は無料で公開したくて、ウェブサイト「ブラック・ボールト」も立ち上げた。それから約26年、サイトには300万ページを超える情報が集まっている。

発端は1996年に入手した「76年テヘランUFO事件」に関する全4ページの文書だった。76年9月、イランの首都テヘラン上空に巨大なUFOが現れ、そこから複数の小型UFOが強烈な光を放ちながら飛び立った。イラン空軍に迎撃され、1機が地球に着陸した可能性もあるという。

正直最初は眉唾だと思ったが、その後、情報自由法について耳にした。機密扱いでなくなった文書を国防総省情報局(DIA)が送ってくれることも知った。

半信半疑で開示を申請すると、本当にテヘランUFO事件の記録文書が郵便受けに届いた。これですっかり申請にハマり、今ではサイトに膨大な元機密文書を載せている。

政府がこれだけ証拠を保管しているのに、UFOに関心を持つのは今も「恥ずかしいこと」とされている。だがセンセーショナルな報道や怪しげな体験談の先に目を向ければ、UFO現象が事実であり、証拠もそろっていることを納得してもらえるはずだ。

米軍は目撃情報の宝庫

最近はバラク・オバマ元大統領、アブリル・ヘインズ国家情報長官、ジェームズ・ウールジー元CIA長官ら影響力のある人々が沈黙を破り、UFOについて語っている。

僕のYouTubeチャンネルで、あるパイロットの体験を話してくれたのはほかでもないウールジー。UFOに遭遇したパイロットの飛行機は、「高度1万2000メートルで機能不全に陥った」という。

5月17日に下院情報特別委員会が開いた公聴会について言えば、もっと国民が理解しやすい情報を示してほしかった。とはいえ数は少ないが映像も公開され、軍がドローンと結論付けた飛行物体や、今も正体が解明されない飛行物体を見ることができた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

原油先物は小幅高、米のベネズエラ石油部門制裁再開見

ビジネス

独、「悲惨な」経済状況脱却には構造改革が必要=財務

ビジネス

米マイクロン、米政府から60億ドルの補助金確保へ=

ビジネス

EU、TikTok簡易版のリスク調査 精神衛生への
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

  • 3

    【画像・動画】ヨルダン王室が人類を救う? 慈悲深くも「勇ましい」空軍のサルマ王女

  • 4

    パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972…

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 9

    対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃…

  • 10

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中