注目のキーワード

最新記事

ウクライナ戦争

【河東哲夫×小泉悠】米欧の本音は「支援したくなかった」、戦争の長期的影響と日本が取るべき立場

2022年5月2日(月)16時45分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

東ウクライナに兵力を集中させるプーチンだが、ノヴォロシアを取ってもどうするのかという問題がある(4月27日撮影) Sputnik/Alexei Danichev/Kremlin via REUTERS

<ウクライナ戦争はこれからどうなるか。NATOはどう対抗し、台湾情勢にはどんな影響があるか。『日本がウクライナになる日』著者・河東氏とロシアの軍事と安全保障戦略を専門とする小泉氏が議論を交わした>

戦況はどうなるのか。日本の安全保障は?

外交官としてソ連・ロシアに12年間駐在した経験があり、『日本がウクライナになる日』(CCCメディアハウス)を緊急出版した外交評論家の河東哲夫氏と、ロシアの軍事と安全保障戦略を専門とする東京大学専任講師の小泉悠氏による対談。

前編の記事(【河東哲夫×小泉悠】いま注目は「春の徴兵」、ロシア「失敗」の戦略的・世界観的要因を読み解く)では、ロシアが弱かった理由の分析から、ロシア国内の情報統制まで話が及んだ。

この後編は、首都キーフ(キエフ)から兵を引き、ロシアが立て直しを図る現状から議論が始まる。

(※対談は4月17日に行われた)

◇ ◇ ◇

――今後、ロシアはウクライナ東部に兵力を集中させて、再び進攻に転じるのか?

■小泉 軍隊には「再編成」という概念がある。キエフの周りには東部軍管区の第35軍と第36軍が主にいた。大きな軍が2つも移動してくるのは異常と言える。これが戦って大損害を受けたが、全滅することはない。そこで一度ベラルーシに下げて、今度は東に持っていこうとしていると思う。

プーチンとしては、キエフを攻撃したが、うまく行きませんでしたとやめるわけにいかない。国民に対して分かりやすい成果を作らないといけない。

ロシアはキエフからは退いたが、第二の都市であるハリコフ(ハルキウ)は退いていない。ここはロシア系住民の街。ハリコフから南のドンバス地方、マリウポリ、オデッサはかつてロシア帝国が開発した地域で、ロシア系住民が多いとされる。

ノヴォロシアと呼ばれるかつてロシアが開発したこれらの地域を影響下に収めることで、プーチンが言うところの「ロシア系住民を守るための特別軍事作戦」の目的を達成したと主張できる。戦争ではないから勝ち負けではないと言い逃れができる。だから今後は東部が重要になってくる。

西側の国も東部が重要と見ている。ロシアを怒らせると危ないから、これまではジャヴェリンぐらいしか供与していなかったが、3月末からは戦車や防空システム、装甲車両も送りはじめた。東部でロシアの大攻勢に耐えなくてはいけないのが理由。

東部で決戦が開かれるのではないか。東部は地形的にも開けていて、大軍同士の対戦に向いている。この戦争の二番底は東部で起きると思う。

■河東 ロシアはハリコフで焦土作戦を実施するんでしょうね。ハリコフ州は東ウクライナの中では唯一ロシアが唾をつけられないところだった。ロシア系住民が多いが、一方でウクライナの極右勢力が強いので、極右がハリコフを守っていた。そのハリコフを制圧できれば、ロシアには一定の成果にはなる。

ただ、どうやって攻めるのか。戦車が入っていっても、小型対戦車ミサイルのジャヴェリンなどにやられてしまう。戦車を使わないなら、大砲でやるんでしょうね。つまり、第二次大戦型の作戦が戻ってくる。

それに対してウクライナ側がどう対抗するのか。敵の発射位置をレーダーで察知して、そこに誘導弾を撃ち込む、あるいは「神風ドローン」を送るようことをするのか。

もう一つの疑問は、東ウクライナを制圧したとしても、ロシアはその後どうするのか。ウクライナ政府軍は攻勢を維持するだろうし。

■小泉 過去のシリアやチェチェンを見ても、ロシアは都市を丸ごと焦土にしてしまう。マリウポリもそうなった。ハリコフをまるごと焦土にするつもりだろう。

西側からの軍事援助で強調されているのは、長距離砲と対砲兵レーダー。これによって、大砲の撃ち合いで優位に立つ。平原では1943年のクルスク戦車戦のような古典的なことをまたやるのではないか。お互いに新型戦車は消耗しているので、両国とも旧ソ時代の戦車を現役復帰させることになる。

ノヴォロシアを取ってもどうするのかという問題はある。クリミアを併合した2014年時点では、クリミア周辺の地域を独立させてノヴォロシア連邦を作ろうとした。

ノヴォロシア連邦とウクライナの関係をどうするかという問題になる。東部ウクライナでの紛争の停戦に合意した第二次ミンスク合意は崩壊したが、では第三次ミンスク合意を作るのか。この先も相当大変だろう。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ローマ教皇、近い将来の退任を否定

ビジネス

ロシア産石油の価格上限、報復なら原油380ドルも=

ワールド

岸田首相の石油価格上限「半分」発言、ロシア大統領府

ビジネス

独政府、エネ安保法改正でウニパー救済検討 株式取得

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界のエリートが学ぶ「権力」の授業

2022年7月12日号(7/ 5発売)

他人を動かす「パワー」は権力者の専有物でない。ハーバード大学MBAの人気講義で学ぶそのメカニズム

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 3

    右足のない人骨は古代中国「五刑」の犠牲者だった......身の毛もよだつその内容

  • 4

    「タンパク質ダイエットには腸活が欠かせない」 順天…

  • 5

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 6

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 7

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 8

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 9

    スリランカ、ガソリンほぼ尽きる 給油所に人の波...…

  • 10

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 9

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 10

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月