最新記事

北京五輪

人権問題で発言するか沈黙するか──北京五輪選手に迫られる二択

Activists Ask Olympins to Protest at 'Genocide Games,' Despite China Warning

2022年1月31日(月)16時11分
シャーロッテ・トラットナー

ウイグル人に対する中国の人権侵害と北京冬季五輪に抗議するアムネスティー・インターナショナルの活動家たち(1月26日、パリ)Gonzalo Fuentes-REUTERS

<中国政府によるウイグル族迫害に国際的な非難の声が高まるなか、北京冬季五輪に出場する選手たちは、中国当局に脅され、人権団体には抗議を求められる困難な立場に置かれている>

中国政府当局は、オリンピックの精神や中国の規則に違反する発言をしないよう外国選手に警告を発しているが、一部の人権団体は北京冬季五輪を「ジェノサイド・ゲーム(大虐殺大会)」と呼び、選手たちに人権侵害に反対する声をあげるよう促している。

AP通信によると、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチはオンライン記者会見で、2月4日に始まる2022年冬季オリンピック大会を開催する中国に対して反対を表明した。「2022年冬季オリンピックはジェノサイド・ゲームとして記憶されるだろう」と、中国の元人権活動家でシカゴ大学客員教授の滕彪(トン・ビャオ)は語った。

北京冬季五輪を完全にボイコットすることはできなかったが、人権活動家は抗議を続けている。「私は個人的に、五輪参加選手たちはその立場と特権をこの歴史的機会に利用する必要があると信じている。ジェノサイドに抗議してほしい」と、チベット行動協会のツェワン・ラドンは言う。

アメリカなどいくつかの国は、ウイグル族や他のイスラム教徒の少数民族に対する中国の残虐行為を理由に、北京冬季五輪の外交的ボイコットを発表した。

独立民衆法廷「ウイグル法廷」は昨年12月、中国がウイグル族に対してジェノサイドの罪を犯していると認定した。本誌は以前、中国当局がウイグル族に不妊手術と避妊を強制しているだけでなく、強姦、拷問、収容所への強制収容などの犯罪を行っていることを示す文書について報じた。

曖昧すぎる処罰の基準

ロイターは以前、五輪に参加する選手たちがオリンピック憲章第50条に違反するなと警告されていることを報じた。この条項は「オリンピックの会場では、いかなるデモンストレーションも、政治的、宗教的、人種的プロパガンダも許可されない」としている。

冬季オリンピック北京2022の国際関係部のヤン・シュー副事務局長は、オリンピック精神と中国の法律に違反する行動をとった選手は、処罰の対象になると述べた。

五輪2大会に出場経験のあるアメリカのクロスカントリースキー選手ノア・ホフマンはCNNスポーツに対し、冬季オリンピック中に選手が人権問題に抗議の声をあげた場合、その身に危険が及ぶのではないかという懸念を明かした。

「中国の組織員会は選手が中国の法律に違反したら処罰すると警告している」と、ホフマンは語った。「中国の法律は、言論に関しては、非常に不透明だ。どのような言論が違法とみなされるか、まったくわからない」

ホフマンは、11月に中国政府高官から性的関係を強要されたことをSNSで訴えた女子プロテニス選手・彭帥(ポン・シュアイ)の例もあげた。彭の投稿は30分後に削除され、彼女は後に告白の内容を否定した。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアIT技術者の大量出国止まらず、政府は動員除外

ビジネス

スタグフレーションのリスク長期化も=世銀総裁

ワールド

豪CPI、8月は前年比+6.8%に減速 ガソリン値

ビジネス

中国、第4四半期に2.5兆元の国債発行を計画=関係

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 8

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 9

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 10

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月