最新記事

ゼロコロナ政策

北京五輪参加者に忍び寄る肛門PCR強制の恐怖

China Uses Anal Tests To Detect Omicron As COVID Variant Spreads Before Winter Olympics

2022年1月20日(木)15時47分
ジョン・フェン
北京のPCR検査

五輪へ向け厳戒態勢の北京の通りでPCR検査を受ける女性(1月17日) Thomas Peter-REUTERS

<北京五輪開幕直前にオミクロン株の市中感染という最悪の事態を迎え、中国の保健当局は肛門PCRの実施を指示した。以前、日本やアメリカの外交関係者が巻き込まれて抗議したこともあるが、肛門PCRは中国ゼロコロナ政策の重要な柱になりつつある>

中国の保健当局は新型コロナウイルス感染症を検知するために、賛否はあるがより正確な結果が得られる、肛門から検体を採取するPCR検査(肛門PCR検査)の導入を指示している。冬季五輪の開催を控えた北京市で、1月19日までに、感染力の高い変異ウイルス「オミクロン株」への感染者3人が確認されたことを受けての措置だ。

北京では15日に、オミクロン株の初の感染者が確認された。北京市政府系メディア「新京報」によれば、感染が確認された女性が暮らしている共同住宅では、少なくとも27件の肛門PCR検査が実施された。

中国では2020年から、北京や上海をはじめとする主要都市で肛門PCR検査が導入されてきた。北京では昨冬、数百万人の市民に対して、鼻や喉から検体を採取して行う検査や抗体検査と組み合わせて、肛門PCR検査が実施された。肛門PCR検査は、より大規模なクラスターを追跡する上では実用的ではないとされている(数人分の検体を一度に検査する「プール方式」の方が適している)が、より正確な検査結果が得られると考えられている。

「見逃しを減らせる」が不快

北京佑安医院の感染症専門家である李侗曾は2021年1月、国営テレビの中国中央電視台(CCTV)に対して、肛門PCR検査は無症状や軽症の感染者を検知するのに効果的な方法だと語っていた。

無症状や軽症の感染者は比較的回復が早いため、「感染から3~5日が経過すると喉にウイルスの痕跡が残っていない可能性がある」と彼は述べ、「一部の感染者については、気道にウイルスの痕跡がなくなった後も、消化管や排泄物の中にウイルスが残ることが分かっている」と説明。肛門PCR検査は不快感を伴うものの、ウイルスの検出率がより高くなり、感染者の見逃しを減らせる可能性があると述べていた。本誌は今回、改めて李にコメントを求めたが、返答はなかった。

2021年前半には、アメリカと日本の複数の外交官に対して、この肛門PCR検査が実施され、心理的な苦痛が大きいとして中止を求める声も上がった。しかし中国では、「ゼロコロナ政策」を維持する上で、同検査が重要な役割を果たしている可能性がある。

2021年12月には、深圳市第三人民医院(広東省)の蔡侃儒をはじめとする計8人の医師が、中国の医学雑誌に論文を発表。肛門PCR検査を支持し、広く導入するよう提言した。

彼らは症状のある患者31人から採取した46の検体を比較。その結果、鼻から検体を採取する検査方法は、感染後の全経過において、新型コロナウイルスの検出率が低かった。感染後16日以降に実施したPCR検査では、肛門からの検体採取検査で陽性反応が出た患者のうち、鼻からの検体採取検査で陽性反応が出た人は28.6%と、3分の1に満たなかった。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

独IFO業況指数、1月85.5に上昇 「経済は低位

ワールド

キリバスで中国警察が活動、犯罪データベース作成など

ワールド

ロシアの核戦力、95%が近代化済み=プーチン大統領

ビジネス

ECB23年決算、過去最大79億ユーロの損失 利払
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が語る「敗北のシナリオ」

  • 4

    F16はなぜウクライナに届かない?──NATO事務総長が答…

  • 5

    アウディーイウカ制圧後、ロシア軍の攻撃は激減、戦…

  • 6

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 7

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 8

    トランプもバイデンも、日本製鉄のUSスチール買収に…

  • 9

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 10

    中国、景気停滞の次は余剰在庫のダンビング輸出? …

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中