最新記事

脱炭素

欧米の偽善、国連会議で振りかざす「緑の植民地主義」を糾弾する

Colonialism in Green

2021年11月8日(月)17時15分
ビジャヤ・ラマチャンドラン(米ブレークスルー研究所)
国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)

国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に集まった各国代表の一部 CHRISTOPHER FURLONGーPOOLーREUTERS

<先進国中で最も化石燃料への依存度が高いのがノルウェーだが、北欧をはじめ富裕国は、温暖化対策の名を借りてアフリカの貧困国に「天然ガス開発をやめろ」と告げている>

欧州各国が天然ガス価格の高騰に悲鳴を上げるなか、実は笑いの止まらない国がある。北欧のノルウェーだ。

ロシアを除き、この国は欧州一帯に最も多くの天然ガスを供給しており、つい最近も20億立方メートルの供給増で合意したばかりだ。

そのノルウェー政府が、一部の最貧国に対しては天然ガスを使うな、掘るなと圧力をかけている。

フォーリン・ポリシー誌の入手した非公開文書によれば、他の北欧諸国やバルト3国と足並みをそろえて世界銀行に働き掛け、アフリカ諸国などでの天然ガス事業への融資を2025年までにやめろ、経過期間中の融資も「例外的」な場合に限ったものにせよと要求している。

イギリスで開催中のCOP26(国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議)でも、先進20カ国が国外での化石燃料事業への支援を22年末までに全面的に停止すると発表した。

さらに北欧・バルト3国連合は世銀に対し、途上国には「緑の水素(製造過程で二酸化炭素などを排出しない水素エネルギー)」や「スマート・マイクログリッド(次世代小規模送電網)」のようなクリーンエネルギーの導入を促すべきだと提案している。

ご冗談を。「緑の水素」は現時点で最も複雑かつ高コストな技術であり、「スマート・マイクログリッド」も現時点で先進国にさえ存在していない。そんなものを最貧国が、わずか数年のうちに実現できるわけがない。

太陽光発電や風力発電の設備なら数年で設置できるかもしれないが、それだけではグローバルサウス(途上国の大半が位置する南半球)のエネルギー需要を満たせない。だからどうしても、化石燃料に頼るしかない。

そして化石燃料の中では、天然ガスが最もクリーンな選択肢だ。

サハラ砂漠以南のアフリカには最貧国が多いが、その沖合の海底には豊富な天然ガスが眠っている。この資源を利用する事業への融資を止めるのは、これら諸国の経済的発展と生活水準の向上に不可欠なエネルギーインフラへの支援を断つことに等しい。

もう住宅や学校、工場への電力供給も、セメントや鋼材の製造に必要な熱源も、化学肥料の製造に使う二酸化炭素も、輸送機関で使う液化天然ガスも台所で使うガスも手に入らなくなる。

富裕国の身勝手な論理

WHO(世界保健機関)によると、年に約380万人が屋内の空気汚染に起因する健康被害で若いうちに命を落としている。犠牲者の大半は南の貧困国に暮らす人々(全体では約26億人)だ。

電気もガスもないから調理には薪や石炭、炭、動物のふんなどを使っているが、有毒な煙が出る。それを吸い込んだ女性や子供が犠牲になる。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国、石炭火力発電部門の排出削減で行動計画 新技術

ビジネス

露カスペルスキー、米国事業を段階終了 販売禁止措置

ワールド

主要労組、米大統領選でいずれの候補も支持しない可能

ビジネス

トタルとSSE、EV充電の合弁立ち上げへ 英・アイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に上回る=独紙
  • 4
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 5
    タンポンに有害物質が含まれている...鉛やヒ素を研究…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 8
    トランプ氏銃撃事件を受け、ドル上昇・米国債下落...…
  • 9
    これからの蚊対策は「殺さず吸わせず」 痒いところ…
  • 10
    「これは真剣なやつだよ」...キャサリン妃の「マジメ…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 6
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 7
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 8
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 9
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 10
    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中