最新記事

地球温暖化

100年に1度の極端水位が今世紀末までに毎年発生するおそれ

2021年9月27日(月)17時20分
松岡由希子

極端水位の発生頻度が100倍に高まる Michael DeMocker/USA TODAY Network via REUTERS

<100年に1度くらいの低頻度で発生していた極端水位が、今世紀末までに毎年発生するようになるおそれがあることが明らかになった>

高潮や満潮、高波によって極端に水位が上昇する「極端水位(ESL)」は、沿岸域の集落や生態系に甚大な影響をもたらす。これまで100年に1度くらいの低頻度で発生していた極端水位が、地球温暖化に伴って、今世紀末までに毎年発生するようになるおそれがあることが明らかとなった。

21世紀末までに極端水位の発生頻度が100倍に高まる

米国エネルギー省(DOE)太平洋北西部国立研究所(PNNL)の研究チームは、世界7238地点を対象に、地球の気温上昇が産業革命前比1.5度〜5度となった場合の極端水位について予測。2021年8月30日、学術雑誌「ネイチャー・クライメートチェンジ」でその研究成果を発表した。

これによると、「パリ協定」が努力目標として定める産業革命前比1.5度の気温上昇でも、対象地点の約半数で、21世紀末までに極端水位の発生頻度が100倍に高まると予測。産業革命前比2度の気温上昇では、極端水位の発生頻度が100倍となる地点がさらに14%増える。また、早い地点では、2070年代に極端水位の発生頻度が100倍に上昇する可能性もある。

極端水位の海面上昇によって最も影響を受けるのは低緯度の熱帯地域だ。南半球、地中海やアラビア半島の沿岸、北米太平洋岸の南側、ハワイ、カリブ海、フィリピン、インドネシアなどで影響が懸念されている。

極端水位は今世紀末までに世界全体でより頻繁に起こる

研究チームは、一連の研究成果をふまえ、「パリ協定で定められた目標が達成されるとしても、沿岸域に洪水をもたらす極端な現象が世界の多くの地域で頻繁に起こるおそれがある」と警鐘を鳴らす。

今回の研究結果と同様、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の2019年のレポートでも「地球温暖化により、極端水位の事象は今世紀末までに世界全体でより頻繁に起こるようになるだろう」と言及されていた。また、英イースト・アングリア大学らの研究チームは、2021年3月に発表した研究論文において「海面上昇が沿岸域に与える影響は従来の4倍にのぼる」ことを示している。

Lands That Will FLOOD in Our Lifetime

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、ウクライナ大統領と電話会談 「戦争終わ

ビジネス

日鉄、ポンペオ氏をアドバイザーに トランプ前政権閣

ワールド

〔情報BOX〕米民主34議員、バイデン大統領に撤退

ワールド

世界的システム障害、航空便や医療など影響多岐に 脆
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 6
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 7
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 8
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中