最新記事

イラン

イラン核交渉の妥結が、大統領選挙に間に合わなかったせいで起きること

A Missed Opportunity

2021年6月22日(火)16時40分
アレックス・バタンカ(米中東問題研究所上級研究員)

次期大統領に選出されたライシ司法府代表は保守強硬派として知られる MAJID ASGARIPOUR-WANA-REUTERS

<大統領選前に立て直し交渉で妥結すれば、強硬派のライシ次期大統領にとって有利だったはずだが......>

イランで4年ぶりの大統領選が行われた先週は、イラン核合意の立て直し交渉が妥結すると期待されていた週でもあった。

核開発にひた走るイランに待ったをかけるため、イランと6カ国(アメリカ、ロシア、中国、フランス、イギリス、ドイツ)が「包括的共同作業計画」に合意したのは2015年のこと。イランが濃縮ウランの製造などを大幅に縮小するのと引き換えに、国際社会は経済制裁を段階的に解除するはずだった。

ところが18年、アメリカのトランプ政権が一方的に合意を離脱して制裁を強化。これに激怒したイランが核開発活動を加速させ、15年の合意は崩壊しつつあった。だが、アメリカの政権交代を受け、合意の立て直しを図る交渉が今年4月からウィーンで毎週のように開かれていた。

残念ながら、1つの目安とされていた6月18日のイラン大統領選までに、交渉は妥結に至らなかった。では、今後は何が起こるのか。

まず、重要な事実はアメリカもイランも、この問題を外交的に解決したがっていることだ。両国が再建合意に求めている最低ラインも、はっきりしている。アメリカは、イランの核開発活動を15年のレベルまで戻してほしい。イランは、アメリカをはじめとする国際社会に、経済制裁の大部分を撤廃してほしい。

アメリカの強硬派に代替策はない

しかし、焦って長期的に維持できない合意を結ぶことも、両国は望んでいない。ジョー・バイデン米大統領にとって重要なのは、再建合意に対する国内の支持を最大化することではなく、声高な反対論を最小限に抑えることだ。

アントニー・ブリンケン米国務長官は、再建合意がまとまれば、イランは原油の輸出を再開して、外国から支払いを受けられるようになると認めてきた。それを気に入らない米議会関係者は多い。

バイデン政権は交渉に向けた「本気度」を示すため、既にイランの石油関連企業と関係者の一部に対する制裁を解除してきた。それだけでも、イランの中東における勢力拡大戦略の資金源になるとして、ワシントンでは批判の声が上がっている。

だが、バイデン政権の強みは、どんなに強力な批判派も「では、どうすればイランの核開発をストップできるか」という核心的な問いに対して、現実的な代替策を示せていないことだ。いかに厳しい制裁を科してもイランを止められないことは、最大限の圧力をかけたトランプ政権時代に既に明らかになっている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

カナダ中銀、急速な利上げ継続 基調インフレ緩和せず

ビジネス

米ペロトン、従業員約12%削減へ 会社「救う」措置

ビジネス

米新規失業保険申請21.9万件、予想より増加 ハリ

ワールド

英、冬季に3時間の計画停電実施も ガス輸入不十分な

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 4

    再生可能エネルギーの拡大を支える揚水蓄電、日本の…

  • 5

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 6

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 7

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 8

    韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常…

  • 9

    チョコが大好物で、食材の無駄は許さない...お抱え料…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 4

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 5

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    ウクライナの「投降ホットライン」がロシア兵の命綱に

  • 10

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月