最新記事

イラン核合意

核合意「違反」論争でイランの言い分が正しい理由

Iran Is Right

2019年7月18日(木)11時20分
フレッド・カプラン(スレート誌コラムニスト)

イランの最高指導者ハメネイ師はトランプに一歩も譲らない姿勢を示している(テヘラン、2017年) NAANIN TABATABAEE YAZDIーTAMAーREUTERS

<合意から勝手に離脱した米トランプ政権がイランの「違反」を非難する矛盾と危険>

ドナルド・トランプ米大統領の外交政策が破綻している兆候は、多くの領域で見ることができる。イランとの核合意をめぐる論争も例外ではない。この問題でとりわけトランプ政権がぶざまなのは、政治的にも、外交的にも、法的にも、イランの主張のほうが正しいことだ。

現在問題となっているのは、イランが7月に入り、核合意が定める濃縮ウラン貯蔵量の上限と、ウランの濃縮レベルの上限という2つの条件に違反したことだ。これを受けトランプ政権は、イランが再び核兵器開発に乗り出したと主張している。その大筋は間違っていない。だが、いくつか留意すべき点がある。

第1に、そして最も明白なことに、核合意に先に違反したのはアメリカだ。トランプは18年5月、アメリカの核合意からの離脱を発表した。国連の査察官は、イランが合意を遵守していると繰り返し指摘したが、トランプは聞く耳を持たなかった。

バラク・オバマ前大統領の時代にまとめられたこの合意が「気に入らない」ということ以外に、これといった理由は見当たらなかったが、トランプはイランに対する経済制裁を復活させた。さらにイランと取引を行っている国に対する「二次的制裁」も再開した。これは核合意の当事国であるイギリス、フランス、ロシア、中国、ドイツ、そしてEUも例外ではない。

第2に、アメリカが核合意を離脱しても、イランはすぐには合意に違反しなかった。核合意36条は、イランは他の締約国が同合意に基づく「約束を果たしていない」と考える場合、一定の手続きを経た上でこの不履行を「自らが約束の履行を停止する根拠」にできると定めている。

トランプが合意から離脱し、制裁を復活させたことは、アメリカはもはや核合意の約束を果たさないと宣言したに等しい。二次的制裁により、他の締約国もこれにしぶしぶ従った。このため36条に基づき、イランは自らも核合意の履行を停止することができる。

核爆弾製造には遠い

第3に、実のところトランプは、離脱を宣言するずっと前から核合意に違反していた。17年7月の20カ国・地域(G20)首脳会議で、トランプは同盟国の首脳たちに、イランとの取引をやめるよう圧力をかけた。

これは、核合意29条に真っ向から違反している。同条によれば、アメリカをはじめとする締約国は、「核合意の履行を妨げないという責務に反して、イランとの貿易・経済関係の正常化に直接的な悪影響を与えることを意図した政策は避けなければならない」と定めているのだ。

ニュース速報

ビジネス

米NHTSA、新車安全性能評価プログラムの見直し再

ワールド

景気低迷時、財政出動の役割大きい=英中銀総裁

ワールド

シンガポール経済、今年は「幸運なら」プラス成長=首

ワールド

焦点:米中貿易、ほぼ全面的な関税が「新標準」化の恐

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

  • 4

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 5

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 6

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 7

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 8

    米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

  • 9

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 3

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 8

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 9

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月