最新記事

宇宙探査

NASAが40年ぶりの金星ミッションへ 気候変動で何が起きるのかを探る

2021年6月11日(金)15時00分
青葉やまと
金星

金星は、気候変動や保持していた水を失ったとき惑星に何が起きるのかなどを読み解くロゼッタストーン...... Credits: NASA/JPL-Caltech

<2つの惑星探査ミッションが始動。地球とほぼ同時期に誕生しながら高温と硫酸の惑星となった、金星の謎を解き明かせるか>

NASAはこのほど、金星探査プロジェクト2つを同時に発表した。1978年のパイオニア・ヴィーナス計画以来およそ42年ぶりの金星探査機として、2030年度の打ち上げを目指している。プロジェクトはそれぞれ、比較的低予算での惑星探査を想定したコンペ「ディスカバリー2019」から選定されたものだ。低予算とはいえ、NASAはそれぞれに約10億ドルを投じる。

選定されたミッションの1つ目は「DAVINCI+(ダヴィンチ・プラス)」と呼ばれるもので、ひらめきと先見性に秀でたレオナルド・ダヴィンチに由来する。このミッションの核となるのは、2つの探査機だ。打ち上げ後、大型の探査機が金星の公転軌道付近を周回し、2年間で金星を2回フライバイする。その際、紫外線カメラで雲の動きを追跡するほか、放射熱を測定して地表組成の推定に活用する。

打ち上げから2年後、大型機に搭載した直径1メートルほどの小型探査機を放出し、小型機は約1時間の下降を経て金星の地表に着陸する。装備したセンサーを通じ、金星の大気の組成、気温、気圧、風速などを測定する計画だ。小型機は近赤外線カメラも備えており、分厚い雲の層を抜けたタイミングで、巨大な高地であるアルファレジオの鮮明な姿を捉える。

800px-DAVINCI_Venus_mission_descent.jpg

DAVINCI+ credit:NASA

2つ目のプロジェクトは「VERITAS(ヴェリタス)」と呼ばれ、地形の解析に特化したものだ。高解像度の3Dデータを取得し、これまで把握できなかった細かな構造を明らかにする。また、高さ方向の変化を測定する干渉合成開口レーダーと呼ばれる機器を使用し、地表の活断層の状況を捉える。地球の人工衛星以外への同レーダーの搭載は初の試みだ。

060221_lg_venus-missions_feat.jpg

VERITAS credit:NASA/JPL-Caltech

かつては水と生命が存在したかもしれない

地球と金星はほぼ同時期に誕生し、サイズや太陽からの距離なども互いにさほどかけ離れているわけではない。しかし、地球が生命と水の惑星になったのに対し、金星は生命の生存に厳しい環境となった。金星の気圧は地球の90倍で、地表温度は鉛が溶けるほどの高温となり、雲は硫酸でできている。何が二つの惑星の運命を分けたのかは謎に包まれており、NASAは金星を「ミステリアスな地球の双子」とも呼んでいる。

二つの惑星の差をめぐって現在議論されている説に、かつて地球と同様に水でできた海が金星にも存在したとする考え方がある。その後、7億年ほど前に起きた圧倒的な温室効果が急激な気温上昇を招き、高温で海が消滅してしまったのだという。はるか昔に水があったのであれば、その時点では生命が存在した可能性も残されている。こうした説を検証するデータを得ることも、今回のミッションに期待される成果の一つだ。

DAVINCI+の主任研究員であるジェームス・ガーヴィン氏はNASAのニュースリリースのなかで、「気候変動や居住適性の変化、そして長期にわたり保持していた水を失ったとき惑星に何が起きるのかなどの記録を読み解くうえで、金星は『ロゼッタストーン』のような存在です」と語る。解読を待つ貴重なデータの宝庫というわけだ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

G7、途上国向けインフラ支援構想で合意 「一帯一路

ワールド

香港の民主活動家、周庭氏が出所

ワールド

バイデン米政権、トランプ氏の壁建設資金を軍施設修繕

ワールド

イラン核合意巡る協議、12日ウィーンで再開へ=交渉

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき9つの場所

  • 4

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 5

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 6

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 7

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 10

    アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月