最新記事

サイエンス

卵を温めるオビラプトルの化石を「成り行き」で大発見してしまった男

I’m Hunting for Dinosaurs

2021年5月13日(木)21時21分
ビー・シユントン(ペンシルベニア州立インディアナ大学生物学教授)
世界初の恐竜の化石を発見したビー・シユントン

初期哺乳類専門家のビーは「成り行き」で世界初の恐竜の化石を発見した DR. SHUNDONG BI

<旅をしたいという動機で進んだ古生物学の道、化石への情熱に目覚めた哺乳類専門の私が「世紀の発見」をするまで>

北京大学の学部課程で学んでいた1990年代、私は旅をしたくてたまらなかった。だが、当時はそこまでの経済的余裕がなかった。

研究にフィールドワークが伴う古生物学なら旅行ができる。そう気付いたこともあって、古生物学の道を進むことに決めた。発掘調査に参加して化石を集めるようになり、そのうちに夢中になった。

実のところ、私の専門は恐竜ではない。哺乳類の起源、および初期哺乳類の進化だ。

5年ほど前、中国南部の江西省の都市、贛州の鉄道駅建設現場で作業員が恐竜の化石を発見した。はっきりしたことは分からないまま、河北省唐山にある自然史博物館がこの化石を収集した。

この種のものでは世界初の標本

化石は中生代に生息していた恐竜と鳥の中間のような獣脚類のオビラプトロサウルス類のもので、同館は研究に当たる人物を探していた。オビラプトロサウルス類の専門家には、中国科学院古脊椎動物古人類学研究所に所属する古生物学者、徐星(シュイ・シン)などがいる。徐が研究に直接携わることができなかったため、同館と協力関係にある私が徐らの助言の下、問題の化石を研究することになった。

初期哺乳類の専門家が恐竜を調べるとあって、特定にはより長い時間を要した。ようやくはっきりしたのは今年に入ってからだ。

贛州で見つかったのは、巣の上に座って卵を抱くオビラプトロサウルス類で、卵の中には孵化する直前の子供が入っていた。この種のものとしては世界初の標本だ。

化石が堆積物に埋もれた状態で見つかったため、地球化学の手法を用いて堆積物の年代を割り出し、およそ7000万年前の白亜紀後期に生息していた恐竜だと特定することもできた。

とはいえ特にエキサイティングだったのは、今回の発見で、この恐竜の名前自体が誤っていると証明されたことだ。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

中国製EVは世界の供給に貢献、李首相が表明 夏季ダ

ビジネス

UBS、中国証券合弁会社の一部株式売却へ クレディ

ワールド

豪州の電子たばこ規制、世界初の処方箋の取得義務付け

ワールド

米学生ローン減免措置、新規手続き差し止め 2州で判
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:小池百合子の最終章
特集:小池百合子の最終章
2024年7月 2日号(6/25発売)

「大衆の敵」をつくり出し「ワンフレーズ」で局面を変える小池百合子の力の源泉と日和見政治の限界

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    韓国、リチウム電池工場で爆発事故 火災により22名が死亡、1人行方不明
  • 2
    ワニの襲撃で男性が腕を失う...発見者が目撃した衝撃の光景
  • 3
    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている
  • 4
    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由
  • 5
    貨物コンテナを蜂の巣のように改造した自爆ドローン…
  • 6
    登山者を悩ませる「ヒル」、実はジャンプできると判…
  • 7
    「観光客は家に帰れ!」 バルセロナ市民がオーバーツ…
  • 8
    「隣は嫌だ!」「入口に陣取る」...理想的な「管理職…
  • 9
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 10
    キャサリン妃の母親が見舞われた「ピンチ」の瞬間...…
  • 1
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会
  • 2
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 3
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒
  • 4
    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…
  • 5
    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…
  • 6
    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…
  • 7
    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…
  • 8
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 9
    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に
  • 2
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア
  • 3
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間
  • 4
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 5
    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…
  • 8
    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…
  • 9
    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 10
    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中