最新記事

仮想通貨

仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成功の条件」

2021年2月2日(火)18時15分
藤田岳人(本誌記者)

TAA22/ISTOCK

<仮想通貨で1億円を超える資産を築いた「億り人」へのインタビュー。投資術、人物像、今後の予想を聞く>

2020年12月ごろから価格が高騰し、今年1月には一時400万円を超える水準にまで達したビットコインをはじめ、暗号資産(仮想通貨)への注目が今また高まっている。400万円という価格は、暗号資産が一般にも広く知られることとなった2017年の「バブル」を超える過去最高値だ。

17年当時には、ビットコインだけでなくオルトコインと呼ばれるビットコイン以外の暗号資産が軒並み上昇。その波に乗って億を超える資産を築いた「億り人」なる人々も登場した。

そんな億り人たちは、その後の価格の急落や現在の再上昇をどう見ているのか。また暗号資産で巨額の利益を得た彼らはどんな人物で、どんな生活を送っているのか。現在の価値で約7億円の資産を暗号資産で築いたA氏に、本誌・藤田岳人が話を聞いた。

──暗号資産への投資を始めた理由は?
もともと高校生のころから株式投資をしていたのですが、あまり「おいしくない」と感じていました。例えばIPO(新規上場株式)投資にしても、主幹事の証券会社が申込者に割り当てることになっていますが、結局は証券会社のさじ加減であり、裏側では何が行われているか分からないという不公平さを感じていたからです。

表向きは、インサイダーは売買できない、IR(投資家向け情報)は決まったフォーマットで発表するなど、投資家みんなが公平になるように規制されています。でも裏側では、絶対に不公平なことが行われていると思っていました。

暗号資産はそうした既得権益の外側で取引ができます。技術的なことを知らなければ仕組みを完全には理解できないなど平等ではありませんが、逆にそれが自分が持っているスキルにフィットして有利に働き、儲けを上げやすいと感じたのが1つめの理由です。

もう1つは、日本円などは毎年ものすごい量が発行されているので、それだと日本円の価値は下がるに決まっていると感じていたことです。ビットコインのように発行枚数を勝手に増やすことができない暗号資産なら、金(ゴールド)よりも便利だし、価値を保全する手段としては最適だと思いました。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

メキシコGDP、第4四半期0.1%増に鈍化 利下げ

ビジネス

FRB理事発言で利下げ時期後ずれ、GSは5月予想取

ビジネス

中国1月新築住宅価格、政策支援でも下落傾向続く

ビジネス

利下げ急がず、2カ月は物価統計確認する必要=ウォラ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が語る「敗北のシナリオ」

  • 3

    アウディーイウカ制圧後、ロシア軍の攻撃は激減、戦線維持に不安

  • 4

    F16はなぜウクライナに届かない?──NATO事務総長が答…

  • 5

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 6

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 7

    トランプもバイデンも、日本製鉄のUSスチール買収に…

  • 8

    中国、景気停滞の次は余剰在庫のダンビング輸出? …

  • 9

    「くまのプーさん」だけじゃない習近平のあだ名、そ…

  • 10

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 8

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中