最新記事

仮想通貨

仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成功の条件」

2021年2月2日(火)18時15分
藤田岳人(本誌記者)

──いつ頃のことですか?
最初にビットコインを知ったのは、マウントゴックスの事件(2014年に世界最大規模のビットコイン交換所であるマウントゴックスが起こした、ビットコインと預かり金の大量流出事件)がニュースで報道されたときです。そのニュースを聞いた翌日に、渋谷でビットコインのマニアが集まるイベントがあるとネットで知り、そこに行ってみました。

最初は取材が来るだろうということで、テレビに映りたいという冷やかし半分でした。でも現地に行くと外国人がたくさんいて、彼らと話しているうちにビットコインのすばらしさを知ったという感じです。

──暗号資産を始めた当初は、どのように情報収集していましたか?
当時はコインの種類も情報も今のようにはなくて、Twitterで仲間を見つけたり、オフ会や勉強会に積極的に参加したりしていました。そのころに知り合った人たちとは、今でも交流があります。

──今は、どうやって情報収集されていますか?
一番はやはりTwitterです。そういう情報をいち早く発信する人はだいたい決まっているので、そういう人のツイートを見ています。

──では今、暗号資産の世界で注目しているものは何ですか?
特に2020年に入ってからは、DeFi(ディーファイ:ブロックチェーン上に構築された「分散型金融」サービス)と呼ばれる分野で、既存の金融を模したようなものです。これのいいところは、私の場合、税金を低く抑えられることです。

例えばオルトコインのなかには価格が数十倍に跳ね上がるものもありますが、そのコインを売却すると、それによって確定した利益全体が課税対象となるので、ものすごい税金がかかります。そのため私は、細かいトレードなどはあまりしたくないんです。

DeFiの場合、得られる利益は利息収入となります。コインを売買するわけではないので、課税されるのは利息で得られた分だけなんです。取引所が行っているレンディングというサービスも同様ですが、暗号資産を預けて金利収入を得る場合は、持っている暗号資産自体には税金がかからず、利息にしかかからないので課税対象の額が全然違います。

──そうした利息などで得た利益と、保有している暗号資産の値上がり分を合わせると、これまでにどれくらい資産形成できましたか?
現在は7億円くらいです。ガチホ(暗号資産を売却せずに長期保有すること)したまま、資産が7億円に膨れ上がっている状態です。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ドル34年ぶり155円台、介入警戒感極まる 日銀の

ビジネス

エアバスに偏らず機材調達、ボーイングとの関係変わら

ビジネス

独IFO業況指数、4月は予想上回り3カ月連続改善 

ワールド

イラン大統領、16年ぶりにスリランカ訪問 「関係強
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の「爆弾発言」が怖すぎる

  • 4

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 5

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 6

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 7

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 8

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 9

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 10

    「なんという爆発...」ウクライナの大規模ドローン攻…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 7

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 8

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 9

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中