最新記事

ISSUES 2021

ジャレド・ダイアモンド寄稿:人類はコロナ禍をチャンスに変える

2020年12月24日(木)16時15分
ジャレド・ダイアモンド(カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授)

コロナは人類の救いに?(ブラジルの地下鉄で消毒作業を行う作業員) UESLEI MARCELINO-REUTERS

<全ての国がコロナの脅威から解放されるまで、どの国も安全ではない。このグローバルな問題で世界中の人々が一致協力できれば、気候変動などその他の課題にも立ち向かえるはずだ。特集「ISSUES 2021」より>

新型コロナウイルスは今も世界中で猛威を振るっている。私たちの多く(場合によっては半数以上)が感染し、その一部は命を落とし、通常の社会活動は遮断され、大半の海外旅行は中止になり、経済と貿易は大打撃を受けている。

数年後、この重大な危機が沈静化した後の世界はどう変わっているだろうか。
20201229_20210105issue_cover200.jpg
一部の国では、新型コロナから私たちを守るワクチンの接種が始まった。ただし、残念ながら今後の見通しは不透明なままだ。

ワクチンの予防効果は感染症によって差がある。例えば、天然痘や黄熱病などのワクチンは、数十年あるいは生涯にわたって予防効果が持続する。だが、インフルエンザの場合は1年未満だ。マラリアやエイズ(後天性免疫不全症候群)については、ワクチン開発に巨額の投資が行われているが、まだ完成していない。

インフルエンザウイルスは頻繁に変異を繰り返し、流行するウイルス株が変化するため、毎年新たなワクチンを開発しなければならない。また、ポリオや天然痘のワクチンが接種を受けた全ての人を守るのに対し、インフルエンザやコレラのワクチンは接種者の約50%しか守れない。

従って新型コロナワクチンへの期待は大きいが、その効果を現時点で予測することは不可能だ。

それでも、効果的なワクチンがすぐに接種可能な状態になったとしたら、世界はどう変わるのか。最悪のシナリオから最良のシナリオまで、さまざまな可能性が考えられる。

最悪のシナリオの兆候は既にいくつも浮上している。開発されたワクチンの効果が確認できたとしても、全世界の77億人に接種する77億回分のワクチンを短時間で製造し、流通させることはできない。当初は供給が限定されるはずだ。

では、誰が最初にワクチン接種を受けるのか。医療従事者を別にすれば、富裕層の有力者が貧しく力のない人々より先にワクチン接種の権利を手に入れると想定される。

そのような利己主義が通用するのは、有効なワクチンを最初に完成させた国の中だけだが、国際的な利己主義が横行する事態も十分に考えられる。ワクチンを完成させた国は間違いなく自国民を優先する。

「持続可能な世界」の契機に

既にマスクという前例がある。感染拡大の第1波の際にヨーロッパでマスクが不足し、中国からの輸入品が到着したとき、各国は自国民のためにマスクを確保しようと激しい奪い合いを演じた。

さらにワクチンの場合は、最初に完成させた国が政治的・経済的ライバル国への供給を保留する可能性もある。

【関連記事】
特効薬なき対コロナ戦争、世界は中国の「覚悟」に学ぶべき

ニュース速報

ビジネス

焦点:今年の株主提案は環境が「主役」か、鍵握る資産

ワールド

サウジ皇太子、カショギ記者殺害を承認 米が報告書

ワールド

米FDA諮問委、J&Jワクチンの緊急使用許可を勧告

ビジネス

米国株まちまち、ナスダック小反発 ハイテク株が盛り

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった職業、下がった職業

  • 3

    タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ記事)

  • 4

    日本の電波行政を歪めている真犯人はだれか?

  • 5

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 6

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 7

    免疫機能調整で注目のビタミンD、取り過ぎるくらいが…

  • 8

    全身が炎症を起こす新型コロナ関連の小児病MIS-Cで米…

  • 9

    医療「非」崩壊──医療現場が示す新型コロナ4つの新…

  • 10

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に拍車か

  • 4

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 5

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 6

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 9

    強大化する中国を前に日米豪印「クアッド」が無力な…

  • 10

    対日レーダー照射だけじゃない......韓国「軍事行政…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月