注目のキーワード

最新記事

アメリカ大統領選 中国工作秘録

【調査報道】中国の「米大統領選」工作活動を暴く

THE NEW CHINA SYNDROME

2020年11月5日(木)07時05分
ディディ・カーステンタトロー(ジャーナリスト)

ILLUSTRATION BY ALEX FINE FOR NEWSWEEK

<トランプvsバイデンの選挙に先立つ世論操作は氷山の一角。「中国人はSNSが下手で文章も説得力に欠ける」が、既に600団体がアメリカ社会に浸透していることが分かった。4年前のロシアとの違い、中国共産党の真の狙いは――。本誌「アメリカ大統領選 中国工作秘録」特集より>

熱波にもコロナ禍にも負けず、民主・共和両党の選挙マシンが秋の米大統領選に向けてギアを上げていたこの夏、ローラ・ダニエルズとジェシー・ヤング、エリン・ブランの女性3人組も休むことなくフェイスブックやツイッターに書き込みを続け、アメリカ社会の現状を熱く論じていた。政府のコロナ対応のまずさや人種差別を批判し、大統領のスキャンダル報道には「よくないね」を付けてせっせと転送する。
20201110issue_cover200.jpg
しかし彼女たちの投稿には不自然な点があった。別な人の投稿とそっくりな文章があったし、具体的な出来事には触れず、頭からアメリカとその民主的な仕組みをこき下ろす書き込みも目立った。

英語の使い方にも不自然なところがあった。決まり切った表現や単語を変な具合にミックスした文章も、少なからず見受けられた。例えばジェシーのツイートには「黒人が奴隷だったことは一度もないぞ! 頭を高く立ち上げろ!」という意味不明なものもあった。

もっと奇妙なこともあった。彼女たちの書き込みには、ときどき漢字が交じっていたのだ。不可解だが、別の無数のアカウントからの書き込みにも見られる現象だった。

賢明な読者なら、もうお気付きだろう。この女性3人組、実は大量の迷惑メール送信やネット荒らしに使われる悪質なソフトウエアだった。操っていたのは、中国共産党に連なる複数の組織。そして目的は、大統領選を前にアメリカ社会の亀裂を深めることだった。

アメリカの諜報機関と密接に連携するオーストラリア戦略政策研究所(ASPI)の国際サイバー政策センターは今夏、ツイッターやフェイスブックへの同様の投稿を分析し、「アメリカの立場を弱くするという中国の政治的目標に沿って、中国語圏の個人や組織が行った多面的な不正活動」の一環と結論付けた。

こうした活動は11月3日の大統領選投票日が迫るなか活発に続けられている。直近の6週間にドナルド・トランプ、ジョー・バイデン両陣営の関係者に対するサイバー攻撃の試みで中国系組織の関与が疑われるものが複数あったと、グーグルもマイクロソフトも発表している。

だが前回2016年の大統領選でトランプ陣営に加担したロシアと異なり、中国発の選挙介入工作は特定の陣営に肩入れしているようには見えない。

アメリカの国家防諜安全保障センター(NCSC)を率いるウィリアム・エバニナに言わせれば、むしろ中国側の目的は「アメリカ国内の政策形成に影響力を及ぼし、中国の利益に反する政治家に圧力をかけ、中国批判をそらす」ことにあるようだ。

つまり、今回のような選挙介入は中国の情報当局による広範かつ多彩な工作活動の一部にすぎないということだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米規制当局、バークシャーのオキシデンタル株最大50

ワールド

ウクライナ軍、遠方からロシア軍攻撃 前線から離れた

ビジネス

NY外為市場=ドル指数5週間ぶり高値、米利上げ予想

ビジネス

米国株式市場=下落、米債利回り上昇で大型株に売り

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を着こなすジア

  • 3

    【映像】素手でサメを引きずる男性

  • 4

    【動画】中国軍の最強戦闘機「殲20マイティドラゴン」

  • 5

    石を使って自慰行為をするサルが観察される

  • 6

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 7

    【映像】バルセロナのビーチの魅力を語る観光客の後…

  • 8

    【動画】ノリノリで踊るマリン首相の映像と、各国政…

  • 9

    台湾が誇示した最新鋭戦闘機「F16V」と中国最強の「…

  • 10

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 4

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を…

  • 5

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 6

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 8

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月