最新記事

偏見

黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインスタグラムが削除

Instagram Changes Nudity Policy After Deleting Black Plus-Size Model's Photo

2020年10月27日(火)18時05分
ゾーイ・ドレウェット

インスタグラムのアルゴリズムには偏見が組み込まれていた?(写真は2017年にブラジル・サンパウロで行われたプラスサイズのファッションショー) Paulo Whitaker-REUTERS

<キム・カーダシアンのようなスリムな白人セレブなら当たり前のトップレス写真が削除された黒人プラスサイズモデルの告発>

インスタグラムはこのほど、黒人のプラスサイズモデル、ナイオム・ニコラス=ウィリアムズの訴えを受けて、ヌード写真の扱いに関するポリシーを変更した。

ニコラス=ウィリアムズは、インスタグラムのポリシーに「人種的な偏見」があると批判していた。白人セレブのトップレス写真は削除されないのに、自分が「どんな体型も美しい」ことを示すために撮影した同様の写真は削除されたからだ。

問題の写真は、両手で胸を覆ったポーズのトップレス写真。彼女が8月にこの写真を投稿したところ、インスタグラムからポルノ禁止の規定に違反するとされ、即座に削除された。彼女はこれについて、エミリー・ラタコウスキーやカイリー・ジェンナー、キム・カーダシアンのような白人でスリム体型のモデルの「ほぼヌードの」写真は削除されないことを指摘し、自分は黒人でプラスサイズ体型だからという理由で差別されたと主張した。


「アルゴリズムの中に偏見が」

この主張を支持した大勢の人が、「ナイオムを見たい(#IWantToSeeNyome)」のハッシュタグを添えて彼女の写真を再投稿。複数の黒人インフルエンサーや黒人モデルが、自分も同じような経験をしたと名乗り出た。これらの訴えを受けて、インスタグラムと親会社のフェイスブックはヌードに関するポリシーを改定し、「黒人コミュニティーをこれまで以上にサポート」し、「どんな体型の人も公平に扱われるように」すると表明した。

ニコラス=ウィリアムズは本誌に、次のように語った。「プラスサイズ体型がオンライン検閲の対象になることは知っていたが、自分の写真が削除されたのは初めてで、とてもショックだった。削除対象を選ぶアルゴリズムに、偏見が組み込まれていると分かったのだ。その偏見がとりわけ黒人、そして黒人女性に向けられている」

自分の写真が削除された衝撃で、「何を投稿するのも怖くなった」と彼女は語る。「クライアントはインスタグラムへの投稿を見て仕事を依頼してくる。だから頑張ってインスタグラムに自分と自分の体を愛するメッセージを投稿してきたのに、それが削除されるなら私はどうしたらいいのか」

ニュース速報

ワールド

菅首相と小池都知事、高齢者などのGoToトラベル自

ビジネス

イタリア成長率、第3四半期は前期比+15.9% 回

ビジネス

世界経済、コロナ危機の峠越す 来年は4.2%の成長

ワールド

中国、北朝鮮の金委員長らにコロナワクチン候補提供=

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 3

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、バイデンのリードが拡大に

  • 4

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 5

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 6

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 7

    「実は誰も会った人がいない」韓国政界で囁かれる文…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 10

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 9

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 10

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月