最新記事

偏見

黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインスタグラムが削除

Instagram Changes Nudity Policy After Deleting Black Plus-Size Model's Photo

2020年10月27日(火)18時05分
ゾーイ・ドレウェット

問題の写真を撮影したカメラマンのアレクサンドラ・キャメロンと、活動家のジーナ・マーティンも、ニコラス=ウィリアムズを支持。3人は3カ月にわたって写真の削除に抗議し、インスタグラムに変革を働きかけた。キャメロンは、自分の撮影した写真が削除されたことも不快だったが、最大の衝撃は「アルゴリズムによって、特定の人物の身体が削除された」ことだったという。「黒人のプラスサイズの女性が最もその標的にされ、写真を削除される可能性が高いことが、私たちにとって一番の問題だった。彼女たちはどこであれ、特にインスタグラム上では、自由に自分を表現できるべきだ」

インスタグラムにポリシー変更を求める運動は、驚くほど大勢の人からの支持を得たとキャメロンは言う。「自分たちの運動がこれほど勢いを得られるとは思わなかった。ナイオムと彼女の写真の素晴らしさがその大きな要因だと思う。彼女の写真が削除されたことに、大勢の人が私たちと同様にショックを受けたのだ」

SNSで覗き見を犯罪に

2019年にイギリスで「アップスカーティング(スカートの中を盗撮する行為)を犯罪と見なす法律を成立に導いたマーティンは、インスタグラムにポリシー変更を求める運動のことを知るとすぐに、協力を決めた。イギリスの議員たちを説得した経験から、世界最大のソーシャルメディア帝国に立ち向かうのに必要なスキルを得たと彼女は言う。「#IWantToSeeNyome」のハッシュタグと共に、インスタグラム上に運動を広めたのも彼女のアイデアだ。

「私にも経験があるが、ポリシーを変える力を持っている人々の注意を引くのはとても難しい」とマーティンは言う。だが彼女はそれを成し遂げ、インスタグラムのポリシー担当者や、最終的にはインスタグラムの責任者であるアダム・モッセーリとのミーティングを実現させた。

「彼はナイオムの意見に真剣に耳を傾けてくれた。それが前向きな変化につながった」と彼女は言う。「この変化が今後、黒人のプラスサイズの女性たちに大きな影響を及ぼすことを願っている」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

政策修正の場合、賃金上昇率や総需要など総合的に判断

ワールド

情報BOX:アゼルが掌握したカラバフ、アルメニア系

ビジネス

ECB、過度な利上げへの警戒必要=仏中銀総裁

ワールド

中国、EUのリスク認識軽減へ「多くのこと」できる=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:グローバルサウス入門

特集:グローバルサウス入門

2023年9月19日/2023年9月26日号(9/12発売)

経済成長と人口増を背景に力を増す新勢力の正体を国際政治学者イアン・ブレマーが読む

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    これぞ「王室離脱」の結果...米NYで大歓迎された英ウィリアム皇太子、弟夫婦が受けた扱いとの違いは歴然

  • 2

    「ケイト効果」は年間1480億円以上...キャサリン妃の「記憶に残る」7着のドレス

  • 3

    マイクロプラスチック摂取の悪影響、マウス実験で脳への蓄積と「異常行動」が観察される

  • 4

    「クレイジーな誇張」「全然ちがう」...ヘンリーとメ…

  • 5

    最新兵器が飛び交う現代の戦場でも「恐怖」は健在...…

  • 6

    広範囲の敵を一瞬で...映像が捉えたウクライナ軍「ク…

  • 7

    「映画化すべき!」 たった1人のロシア兵が、ウクラ…

  • 8

    J.クルーのサイトをダウンさせた...「メーガン妃ファ…

  • 9

    米美人タレント、整形と豊胸でおきた「過酷な経験」…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 1

    突風でキャサリン妃のスカートが...あわや大惨事を防いだのは「頼れる叔母」ソフィー妃

  • 2

    コンプライアンス専門家が読み解く、ジャニーズ事務所の「失敗の本質」

  • 3

    マイクロプラスチック摂取の悪影響、マウス実験で脳への蓄積と「異常行動」が観察される

  • 4

    常識破りのイーロン・マスク、テスラ「ギガキャスト」に…

  • 5

    「死を待つのみ」「一体なぜ?」 上顎が完全に失われ…

  • 6

    最新兵器が飛び交う現代の戦場でも「恐怖」は健在...…

  • 7

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 8

    「この国の恥だ!」 インドで暴徒が女性を裸にし、街…

  • 9

    これぞ「王室離脱」の結果...米NYで大歓迎された英ウ…

  • 10

    「ケイト効果」は年間1480億円以上...キャサリン妃の…

  • 1

    墜落したプリゴジンの航空機に搭乗...「客室乗務員」が、家族に送っていた「最後」のメールと写真

  • 2

    イーロン・マスクからスターリンクを買収することに決めました(パックン)

  • 3

    <動画>ウクライナのために戦うアメリカ人志願兵部隊がロシア軍の塹壕に突入

  • 4

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 5

    「児童ポルノだ」「未成年なのに」 韓国の大人気女性…

  • 6

    コンプライアンス専門家が読み解く、ジャニーズ事務…

  • 7

    サッカー女子W杯で大健闘のイングランドと、目に余る…

  • 8

    「これが現代の戦争だ」 数千ドルのドローンが、ロシ…

  • 9

    「この国の恥だ!」 インドで暴徒が女性を裸にし、街…

  • 10

    ロシア戦闘機との銃撃戦の末、黒海の戦略的な一部を…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中