最新記事

ドイツ

ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告は過激すぎて撤去

2020年10月19日(月)18時00分
モーゲンスタン陽子

「マスクをしないすべての人に指を立てよう」という広告は、すぐ撤去された...... twitter

<フランスなどと同様、ドイツでも連日、1日の新感染者数の記録を更新している。マスク着用義務も厳しくなり、混乱も招いている......>

ヨーロッパ全体で感染が爆発的に増えている今も、マスク着用義務などの規制に反対するデモはあとをたたない。感染者の増加がおもに若年層であるため致死率はそれほど高くなく、また今春の第1波のときと違って社会が元どおりとはいかないが動いてはいるため、全体にまだ危機感が広まっていない気配だ。また、全体的ロックダウンを回避するために政府が部分的・段階的な制約を導入していることが、市民の混乱を招いてもいるようだ。

ベルリンでは反マスク主義者への鬱憤も

ベルリンでは観光当局が13日、「マスクをしないすべての人に指を立てよう」という広告を地元紙に打つと、瞬く間に議論が巻き起こった。ベルリンらしいといえばベルリンらしいが、あまりにも攻撃的で侮辱的だと、一部で非難の声が上がり、撤回された。

ベルリンでは夏から反マスク主義者や陰謀主義者の大規模なデモが続き、ルールを守っている市民の鬱憤もたまっていたようだ。観光当局のヴィジット・ベルリンは、高齢者や重症化するリスクの高い人々の健康を守ることの重要性を呼びかける狙いだったというが、中には健康上の理由でマスクを着用できない人もいる。一方的に非難する姿勢が反感を呼んだのかもしれない。

過去最大の新感染者数

フランスなどと同様、ドイツでも連日、1日の新感染者数の記録を更新している。過去最高は3月28日の6294人だったが、17日土曜日には7830人に達した。春よりも検査数が格段に増えているというのもあるが、やはり心配な数だ。17日の会見でメルケル首相は、ドイツはこれから非常に深刻な段階に突入するとし、不要不急の旅行や外出、集会を極力避け、家にいるよう市民に団結を呼びかけた。

首相と16州の知事は先週、さらに厳格な各種規制の導入に合意している。これにより、7日間で10万人あたり50 人の新感染者が出た地域を「ホットスポット」とし、ホットスポット認定された地域では、たとえば集会は10人あるいは2世帯まで、あるいは飲食店の営業は午後11時まで、などの制約が課されるようになる。

また、マスク着用義務も厳しくなり、10万人あたり35人以上の感染がある場合は公共エリアすべてにおいての着用が義務化、ホットスポットではこれがさらに厳しくなる。

現在ホットスポットとされているのはおもにベルリンやフランクフルトなどの都市部だ。これらホットスポットからの旅行者の受け入れを制限する動きが全国で出ているが、方針や条件が自治体によってまちまちなので、市民にはわかりづらい。たとえば、ホットスポットからそうではない地域へ移動しなければならない場合、移動先でホテルの滞在が許可されていなければ日帰りか、あるいは許可されている地域を経由して一泊するしかない。この点については16州で合意に達することができなかったため、11月8日まで決定が延期されている。

ニュース速報

ワールド

OPECプラス、29日に非公式会合=関係筋

ワールド

米ウィスコンシン州の一部再集計、バイデン氏のリード

ワールド

米ロサンゼルス郡、新たなコロナ規制発表 社会的集会

ワールド

米政権、大統領選前の郵政公社の業務変更差し止め巡り

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 2

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 3

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 9

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 10

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月