最新記事

韓国

ビルボードHOT100首位獲得したBTS、韓国政府は兵役免除させるのか

2020年9月13日(日)18時40分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

VIACOM/Handout via REUTERS

<アイドルが世界的な活躍をすると法律改正が議論されるのはなぜなのか──>

今年は、コロナの影響で多くのエンターテインメントが大きな打撃を受けた一方で、韓国発Kカルチャー躍進の年でもあった。映画『パラサイト 半地下の家族』の米国アカデミー賞4冠受賞をはじめ、ネットフリックスの配信をきっかけに『梨泰院クラス』や『愛の不時着』などの韓国ドラマの世界的ブーム。また、K-POPガールズグループBLACKPINKは、ヒット曲『DDU-DU DDU-DU』のミュージックビデオのYouTube再生回数が、昨年11月に韓国のアイドルとして初めて10億回再生を記録した(9月5日には13億回を突破)。

そんななか、先月31日また新たな記録達成のニュースが飛び込んできた。韓国を代表する人気男性アイドルBTS(防弾少年団)の新曲『Dynamite』がアメリカビルボードのシングルチャートHOT100で1位になったのだ。

これは、韓国人では初めての偉業であり、2012年に一世を風靡したPSYの『江南スタイル』でさえ7週連続の2位どまりだった。これまでアジア人では唯一、坂本九の『上を向いて歩こう(英題:SUKIYAKI)』が3週連続1位を達成したが、これに続いて2組目となる。また、BTSは2018年5月にアルバムチャートHOT200で『LOVE YOURSELF 轉 "Tear"』が1位を獲得しており、両方で1位を獲得したのはアジア人初だ。

この大記録は韓国をはじめ海外でも大きく報道されることとなったが、それと同時に、韓国では「BTS(防弾少年団)メンバーの兵役免除を!」という声も高まりを見せている。

BTS、12月にはメンバーが軍隊入り?

韓国と日本の大きな違いの一つと言えば、徴兵制度があることだ。韓国男性は成人を迎えると兵役義務がある。身体検査の結果や状況によって多少異なるが、一般的に陸軍は18カ月、海軍は20カ月、空軍は22カ月服役しなければならない。

ただし、入隊通知が来ても本人が在学中だったり、一部認められた大学浪人生だったりする場合は、入隊時期を最大28歳まで延期することが可能だ。芸能人もよく大学卒業後、大学院に進学するなどの方法で入隊を延期することが多いが、基本的に28歳の誕生日以降は在学中であっても入隊せざるを得ない。BTS(防弾少年団)の最年長メンバーであるジンは、今年の12月4日で満28歳の誕生日を迎える。

韓国文化を世界に広めることに大きく貢献したBTS(防弾少年団)に徴兵特例を!という声が高まり始めると、政界も早速動き出した。ビルボードでの1位獲得の発表から4日後の9月3日には与党「共に民主党」のジョン・ヨンギ議員によって、兵役法改正案・通称"BTS法"が発議された。改正案によると功績を認められた芸術人は入隊時期を満30歳までとし、従来より2年延期が可能になる。

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀、債券デフォルト防止策改善へ 金融政策よ

ワールド

スウェーデン中銀、量的緩和拡充 コロナ第2波で景気

ビジネス

アングル:中国短期金融市場に「国家隊」、デフォルト

ビジネス

市中国債20年や40年物に増発余力、減額なら短期優

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族の学校からハングルを抹消へ

  • 2

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 3

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 4

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 5

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 6

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 7

    英政府、香港最高裁からの英国人判事引き揚げを検討…

  • 8

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 9

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 10

    ビルボード1位獲得のBTS──ダイナマイトな快進撃の舞…

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 3

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

  • 4

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 5

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 6

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 7

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 8

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 9

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 10

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 9

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

  • 10

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月