最新記事

韓国

ビルボードHOT100首位獲得したBTS、韓国政府は兵役免除させるのか

2020年9月13日(日)18時40分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

ビルボード1位の経済効果とは

これまでは兵役法第60条第2項によって、研修機関で決められた過程を履修中の者、体育分野での優秀者などに限って入隊を最大30歳まで遅らせることができた。しかし、これに大衆文化の功労者は含まれていなかったが、今回の改正法案ではこれを含むこととなり、BTS(防弾少年団)のメンバーも対象となる。ジョン・ヨンギ議員は、引き続き世界で韓国の存在感を見せ続けているeスポーツの優勝者など新しいジャンルの功労者も含めるよう論議を続けることを発表した。

韓国政府が法改正し、入隊時期を延期してでもBTS(防弾少年団)に活動を続けて欲しい理由として挙げられるのは、ずばり彼らのもたらす経済効果だ。今月8日韓国文化体育観光省と、韓国文化観光研究院が合同で分析した結果の発表が行われた。BTS(防弾少年団)のビルボード1位獲得による経済的波及効果は、なんと1兆7千億ウォン(約1520億円)にも上るという。これは、所属事務所売り上げ規模と関税庁輸出入貿易統計、さらにGoogleトレンドによる検索量などを総合した結果などから割り出す方法で出された数字である。

世界的にコロナ・ウィルスの感染が落ち着きだすと、各国から観光客が戻ってくるとともに、BTS(防弾少年団)もまた世界を舞台に更なる活躍が期待されている。しかし、このタイミングでメンバーが次々と入隊してしまっては困るというのが本音だろう。

兵役免除には国威発揚の実績が必要

しかし、BTS(防弾少年団)のファンたちからすると、たとえ入隊延期が決まったとしても、2年後にはまた同じことの繰り返しである。いっそのこと、彼らを兵役免除にはできないのだろうか。

これまで、オリンピックの韓国代表メダリストや、アジア大会の優勝選手たちが「代替服務制度」と呼ばれる恩恵の対象になってきた。これは、たった4週間の訓練を受ければ軍生活をしなくていい、いわば兵役免除の待遇だ。

現在の兵役法によると、芸術分野対象者の場合、「政府指定国際コンクールなどで1~2位に入賞する」「国内大会1位になる」などで代替服務制度を受けることが可能であると記されている。しかし、芸術分野対象者とは、国楽やパンソリなど伝統的な'純粋芸術家'であり、アイドルや歌手など大衆芸術である芸能人は、そこに含まれていない。BTS(防弾少年団)は、2018年にアイドルで初めて国から花冠文化勲章を受章しており、このときもすでにファン達の間では軍隊免除の恩恵対象になるのではないかと話題になっていた。

韓国男子として生まれれば、生まれながらにして背負った宿命のような兵役問題。アイドルと言えども、その宿命には変わりはない。ファン達にとって兵役中の1年半は、入隊していった恋人を待つように長い長い試練の期間となるだろう。

BTS(防弾少年団)の入隊に関しては、ジンの誕生日を迎えるまでの、ここ数か月以内に何らかの発表があるとは思うが、どういう結果になろうと彼らが素晴らしい功績を残したことには変わりなく、これからのさらなる活躍に期待したい。

ニュース速報

ビジネス

米アルファベット、気球によるネット網構築計画「ルー

ワールド

COVAX、貧困国に今年コロナワクチン18億回分

ビジネス

12月ショッピングセンター売上高は前年比14.4%

ワールド

アングル:北京で食品価格が高騰、旧正月と近隣省の封

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 3

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 4

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り…

  • 5

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 6

    「大覚醒でトランプ続投」の予言が裏切られ、Qアノン…

  • 7

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 8

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断…

  • 9

    反政府団体らがオレゴン州民主党支部を襲撃 バイデ…

  • 10

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてし…

  • 5

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 6

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 7

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 8

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 9

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 10

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 5

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてし…

  • 8

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月