最新記事

独占インタビュー

イアン・ブレマーが説く「協調なき時代」に起きた米中対立の行方

LIVING IN THE GZERO WORLD

2020年9月24日(木)13時00分
ニューズウィーク日本版編集部

「第2次大戦後の団結が問題の核心に目を向ける偉大な世代を生み出した」(ブレマー、写真は国連憲章の調印式) GJON MILIーTHE LIFE PICTURE COLLECTION/GETTY IMAGES

<アメリカ人が「アメリカ第一主義」を捨てることで国連は誕生した。団結なき現代社会で進む大国の覇権争いは世界をどこへ導くのか>

<イアン・ブレマーが語る「コロナ後」「Gゼロ」の新世界秩序 前編はこちら>

ポトリッキオ 私たちが向き合おうとしない難題がいくつもある。あなたはそれを一つ一つ指摘してきたわけだが、今の最大の問題は何だろうか。このパンデミックや国際秩序への対応に関して、私たちが見て見ぬふりをしている問題とは?

ブレマー 最大の問題は、グローバリゼーションの道筋が変わったことだ。過去数十年でモノやサービス、人や思想、データが国境を越えるスピードはどんどん速くなってきた。それが問題を引き起こし、一部の人や国が置き去りにされているのも確かだ。

それでも全体として見れば、これは素晴らしい変化だ。世界中で平均寿命が延び、教育や医療の機会も広げられてきた。これは人類史上、最も画期的な進歩だ。もう全てを白人男性に頼らなくていい。世界の総人口が80億に迫るなか、さまざまな問題の解決に女性やアフリカ人、インド人や中国人、アラブの人たちにも参加してもらえる。それが徐々にでも実現しつつあった。

20200908issue_cover200.jpg

だが今になって突然、グローバリゼーションの方向が変わってしまった。今まではWWW(ワールドワイド・ウェブ)のように世界をつないでいたグローバリゼーションが、今や寸断されたネットワークと化している。アメリカと中国の対立は、私たちがグローバルな課題にグローバルに対応することを不可能にしかねないほど悪化している。

その結果が、新型コロナウイルスへの対応の悪さだ。この最悪な世界的危機には、まさにグローバルな対応が求められるのに、今はグローバルな対応のかけらもない。少なくも9・11テロの後や2008年の世界金融危機の後は、多少の温度差はあったものの、グローバルな対応がなされた。アメリカでは国民が一致団結したし、国際社会もアメリカを中心にしてまとまった。

だが今はそのどちらも起きていない。アメリカは人種差別の問題や赤い(共和党支持の)州と青い(民主党支持の)州の対立などを抱え、さまざまな理由から、かつてないほどに分裂している。

国際的な分裂も見られる。高機能マスクや医療用防護服などのサプライチェーンは国内外で寸断されてしまった。あちこちで保護主義が頭をもたげている。そして医薬品が戦略物資並みの扱いを受けている。

それなりに経済力のある国なら、今はまだ市場で必要な資金を調達できる。しかしもしも来年、再来年にかけて信用収縮が起きたらどうなるか。アメリカが効果的な金融刺激策を打ち出せなくなったら、どうすればいいか。向こう数カ月で、そうした事態が起こる可能性は十分にある。そうなったとき、資金調達を必要とする国々のために、アメリカや他の富裕国は協力して対処するだろうか。そうは思えない。

ワクチンの問題も同じだ。今は協調のかけらもなく、みんなが競い合うばかり。だから開発中のワクチンが140種類を超える。

ニュース速報

ビジネス

FRBのリバースレポ取引額、7558億ドルと最高 

ワールド

原油先物は約2%安、FRBタカ派化受けたドル高が重

ビジネス

NY外為市場=ドル2カ月ぶり高値、FRBのタカ派見

ビジネス

米、台湾に「極めて近い将来」75万回分のワクチン提

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 7

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 8

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    無計画な植林が環境を破壊している 侵略種化や8割衰…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月