最新記事

テロ

フィリピン連続爆弾テロ実行犯、かつての自爆犯の妻か娘? IS系テロ組織犯行声明との情報も

2020年8月26日(水)18時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

24日に起きた連続爆弾テロは2回とも自爆によるものとの見方が出ている。 PEEWEE C. BACUNO via REUTERS

<1年半ぶりの爆弾テロが発生したフィリピン。犯人は過去のテロ犯とのつながりをもつ者か──>

8月24日にフィリピン南部スールー州ホロ島のホロ市内で発生した2件の連続爆弾テロ事件を捜査している地元警察や陸軍は26日までに死者が16人、負傷者が75人に達したことを明らかにするとともに、現地スールー州全体で厳戒態勢を敷いてテロ実行犯やその背後組織の摘発を進めている。

これまでに中東のイスラム系テロ組織「イスラム国(IS)」に忠誠を誓い、関係が深いとされるフィリピンのイスラムテロ組織「アブ・サヤフ」の関与が濃厚となるなか、IS関連組織が連続爆弾テロの「犯行声明」をネット上に出したとの情報が流れている。

これはネット上でのISなどテロ組織の動向を監視している米国の組織「SITEインテリジェンス」がフィリピンメディアに明らかにしたもので、「フィリピンの兵士や警察官を標的とした爆弾テロ」を称賛した犯行声明をネット上にアップしている、という。

ただ、フィリピン治安当局はこうした情報の存在は知っているものの、犯行声明と爆弾テロの具体的な関連性については確認していない模様だ。

またこれまでの捜査で、24日午後12時57分に発生した2回目の爆発は「フィリピン開発銀行ホロ支店」のある「ゴテックレン・ビル」の前で、上半身が膨れ上がったような不審な服装をした女性が兵士に接近してきた時に自爆したことが確認されている。

さらに現場近くの屋根で吹き飛ばされた女性の頭部が発見、回収されたことで現在この実行犯の女性の身元確認が行われている。

最初の爆発も自爆テロの可能性

26日のフィリピン各紙、テレビなどの報道では、24日午前11時53分に起きた最初の爆発は当初、兵士が乗った陸軍のトラック近くに不審者が駐車したバイクが爆発したといわれていたが、バイクは無関係で1件目も自爆テロの可能性が強くなったと伝えている。

トラックの近くにあった食堂も兼ね備えた食料品店「パラダイス」の内部に爆発でできたと思われるクレーターがあり、そこで犯人が自爆したとの見方が強まっているのだ。

当初「即席爆発装置(IED)」が仕掛けられたとみられていたバイクは、IEDが爆発したにしては原型をとどめていることから爆発によって焼けただけであるとの見方が強まっている。

このため今回の2件の連続爆弾テロは2人の自爆テロ犯による犯行との見方が現時点では強くなっている。

1回目の自爆テロ犯に関しては、爆弾が強力で自爆犯の体がバラバラになっており、性別の判定も難しい状況と地元メディアは伝えているが、一部未確認情報として最初の自爆犯も女性ではないかといわれている。


【話題の記事】
・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・韓国、新型コロナ第2波突入 大規模クラスターの元凶「サラン第一教会」とは何者か
・韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

ニュース速報

ワールド

アルメニア大統領、ナゴルノ問題でEU・NATOと協

ワールド

英国との通商合意、数日中に相違解消なら可能=EU首

ワールド

英公的部門借り入れ、GDP比103.5%に拡大 1

ワールド

必要な時期に躊躇なく経済への対応行う=補正・経済対

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 4

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 5

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 6

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 7

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    ウイグル人根絶やし計画を進める中国と我ら共犯者

  • 10

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 1

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 2

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 3

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 9

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 10

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月