最新記事

アメリカ政治

「米コロナ致死率は世界最低」と繰り返すトランプの虚言癖

Trump Falsely Insists U.S. Has 'Lowest Mortality Rate' From Coronavirus

2020年7月20日(月)17時45分
ジェイソン・レモン

7月7日、ホワイトハウスで開かれた学校再開に関する会合に出席したトランプ大統領(右)とマイク・ペンス副大統領 Kevin Lamarque -REUTERS

<データを挙げた反論にいらだち、事実誤認を指摘されると「フェイクニュースだ」と逆ギレ>

アメリカのドナルド・トランプ大統領は19日に放送された保守系メディアFOXニュースとのインタビューで、アメリカの新型コロナウイルス感染症による致死率(報告された感染者の中の死亡者の割合)は世界的に見て「最も低い」と述べた。FOXニュースの重鎮クリス・ウォレスがデータを示してアメリカの致死率は「最悪」の部類だと指摘しても、トランプは主張を変えなかった。

トランプはこの数週間、アメリカの新型コロナウイルス感染症による致死率は世界「最低」もしくは「最低レベル」だとの発言を繰り返している。またウイルスはすぐに消えてなくなるとも言ってきた。ケイリー・マケナリー大統領報道官も同様の主張をしているが、これまでに発表されたデータの中にそうした主張を裏付けるものはない。

ウォレスはインタビューの中でこの事実を挙げて反論した。

「アメリカの死亡率は世界で7番目に高く、ブラジルよりも高いしロシアよりも高くなっている。EUはアメリカからの渡航を禁止している」とウォレスは指摘した。

トランプはこれに対し、自分の見解はウォレスの指摘とは「正反対」だとし、「アメリカの致死率は世界で最低レベルだと私は信じている」と述べた。

「それは真実ではない。アメリカではたった1日で900人が(新型コロナウイルス感染症で)死亡している」とウォレスは切り返した。

致死率も人口比の死者数も高いのに

これに対しトランプはデータを確認するよう求めるとともに、ウォレスの言うことは間違っており、「フェイクニュース」だと主張。ウォレスはデータの確認は構わないが、自分が「フェイクニュース」をばらまいているとは思わないと返した。

「君はアメリカの致死率が世界最悪だと言うが、アメリカの致死率は世界で一番ましだ」とトランプは言いつのった。

ウォレスが参照したのはジョンズ・ホプキンズ大学の分析で、これによればアメリカの致死率は3.8%で、感染が急拡大している国々の中では世界第8位となっている(インタビューが行われた時点では7位だった)。

人口10万人あたりの死者数を見ると、アメリカの成績はさらに悪くなる。現時点でアメリカでは人口10万人あたり42人がコロナで死亡している。これは感染が急拡大している国々の中では3番目の多さで、すべての国の中でも10位となっている。

新たに確認された感染者数や死者数も増え続けている。アメリカの感染者数は370万人超で死者数も14万人を超え、ともに世界最悪だ。

<参考記事>中国が新型コロナウイルスは「アメリカ病」と非難
<参考記事>スウェーデンが「集団免疫戦略」を後悔? 感染率、死亡率で世界最悪レベル

ニュース速報

ビジネス

米株、終盤に下げ転換 コロナ経済対策巡る協議膠着に

ワールド

米副大統領候補にハリス氏、バイデン氏が起用 黒人女

ビジネス

ドル小幅高、米コロナ追加対策協議の行き詰まりで=N

ワールド

原油先物1%安、米コロナ追加対策への期待後退で

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 7

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 8

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 4

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 7

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月