最新記事

米黒人差別抗議デモ

NY市警官が反論「黒人の命も大事だが警官の命も大事」

Two Wrongs Don't Make a Right

2020年6月19日(金)17時40分
ジョゼフ・インペラトリス(ニューヨーク市警巡査部長)

首都ワシントンの警官隊のなかで1人跪き、抗議デモへの連帯を示す警官 Jonathan Ernst-REUTERS

<暴力や略奪に弁解の余地はない、今こそ法と秩序を取り戻さなければならない>

14年以上ニューヨーク市で警察官を務めてきた私は、数十年前のタイムズスクエアは行ってはならない場所だったという話をよく聞いた。昔は売春から麻薬取引、窃盗まで、犯罪が横行する地域だったそうだ。マンハッタンの大半も1980~90年代は危険な場所だった。まさかこの偉大な街が再び危機に陥るとは、想像もしていなかった。

ここ数日のニューヨークは、見るに堪えない状況だった。警察官の努力と献身は台無しになり、時代が逆戻りした。ひどい略奪と暴力を目の当たりにすると、心が痛む。店は破壊され、商品が奪われ、警察車両に火が付けられた。

ニューヨークと全米中の警官はショックを受けている。人々を守るために数百人もの警官が命を犠牲にしてきたが、今やその人々が常軌を逸した行動に走っている。

暴力と破壊が繰り返され、警官は車にはねられ、負傷している。現場はまさに戦場だ。

全ての警官は、あのミネソタ州の警官がやったことを恥じている。彼は越えてはならない一線を越えただけでなく、人々に奉仕し、人々を守るという警官の宣誓にも背いた。1人の人間をあんなふうに扱ってはならない。

私たちも世界の他の人々と同じだ。彼が逮捕され、警官の地位を奪われたことを喜んでいる。1人の男性が警官との接触で命を落としたことに傷つき、恥じている。警官はあのような行動を取るべきではない。

暴徒の責任も問うべき

だが店に押し入り、略奪してはいけない。そのような行為に弁解の余地はない。

彼(死亡した黒人男性ジョージ・フロイド)のことを忘れてはならない。なぜあんなことが起きたのかを問うべきだ。二度と起きないようにするためにはどうすべきなのかを議論すべきだ。

しかし、現状はそうなっていない。私は現役の巡査部長として、暴動と向き合っている。若い暴徒たちが街を走り回る光景はバットマン映画のゴッサム・シティのようだ。

彼らは何のために戦っているのかも分からないまま、それぞれが勝手に反応しているだけだ。マーチン・ルーサー・キングやジョン・レノンのような偉人のまねをしているが、実際は似ても似つかない。

人々は「正義」を要求するが、自分たちの行動を正当化するために法を犯している。犯人は既に逮捕された。再び誰かに危害を加えないように身柄を拘束されている。なぜこの問題をその他の世界のせいにするのか? なぜ人々に奉仕し、人々を守る善良な警官に八つ当たりするのか?

<参考記事>Black Lives Matter、日本人が知らないデモ拡大の4つの要因
<参考記事>【バー店主の手記】抗議の声を心から支持するが、破壊はデモを台無しにする

ニュース速報

ビジネス

ANAとJALの会員情報流出、予約システム会社にサ

ビジネス

英中銀、回復への下向きリスクに強く対抗すべき=ハス

ビジネス

米長期金利上昇、インフレ懸念でなく回復期待を反映=

ワールド

米上院民主、失業給付加算縮小で合意 コロナ追加対策

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 2

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 3

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測される

  • 4

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 5

    医学的な意味はゼロ? 外国人に対する中国の「肛門PC…

  • 6

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 7

    26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

  • 8

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 9

    日本株投資だけやっている人にとっても、テスラが無…

  • 10

    入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 6

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月