最新記事

写真集

ロックダウンで様変わりするヒマラヤ──写真集で世界最高峰エベレストを体感する

EVEREST

2020年6月17日(水)18時40分
石川直樹(写真家・作家)

写真集『EVEREST』より

<2020年日本写真協会賞作家賞を受賞した石川直樹氏が、シェルパの暮らす麓の村からエベレストの山頂に到るまでの道のりを写真集にまとめた>

コロナ禍によって、ネパールのカトマンズも60日間のロックダウンが行われていた。日本のような緩い外出自粛ではなく、許可なく出歩けば逮捕される厳格なロックダウンだったので、人でごった返す混沌としたあのカトマンズの雰囲気はすっかり変わってしまったようだ。見た目の景色だけではない。観光収入によって成り立っているネパールの経済も壊滅的な打撃を受けた。なにしろエベレスト登山の入山料だけで年間3億ドル以上の経済効果があると言われる。エベレストだけでなく、他のヒマラヤの山々も含めると、どれだけの衝撃だったか推して知るべしだ。

そのかわりにもならないが、排ガス公害で汚染されたカトマンズ上空の空気が澄みわたり、この数十年で初めてカトマンズから世界最高峰のエベレストが見られた日もあったという。なにしろ排気ガスと土埃で瞬きするだけで目が痛くなるほどの猥雑な都市だったので、それが改善されるのは喜ばしい。ただ、そんな環境面での吉報も経済の打撃に比べたら、焼け石に水である。

エベレストをはじめとするヒマラヤ地方の登山やトレッキングの最盛期は、春と秋。なかでも3月末から5月末に至る2カ月間は、モンスーンが到来する夏前の、もっとも好天が続く時期とあって毎年世界中から観光客を集める。

エベレスト登山に関しては、3月末にカトマンズに集合し、体を高所に慣らしながらベースキャンプ入りして5月中~下旬に登頂する、というパターンがほとんどだ。ぼく自身、2001年には北側から、2011年には南側から、こうした春のシーズンに二度登頂している。が、2020年の今年は外国人の入国もできず、シーズンとコロナ禍の拡大がドンピシャで重なってしまったがゆえに、春が丸々消えた。

エベレストと人間の関わり

もちろん地元の人々の健康のほうが大切だし、小さな集落でクラスターが起ころうものなら、無医村ばかりのヒマラヤ地方ではあっという間に感染が拡大する。従って、入山禁止は正しい措置に違いないのだが、そのために収入の途絶えた現地のシェルパたちについては何らかの形でサポートが必要だろう。

このたび出版した写真集『EVEREST』(CCCメディアハウス)では、山と交わって暮らすシェルパ族の営みを出発点に、彼らと一緒に登ったエベレストの"現在"を撮影したものだ。エベレストのあるクンブー地方の中心は、ナムチェバザールとそこに隣接するクムジュン村である。シェルパ族の故郷であり、登山のガイド仕事で生計を立てるシェルパが多く住んでいる。そんな村から眺めたエベレストと世界第四位の標高を誇るローツェを写した写真から、写真集ははじまる。

そこから徐々に標高をあげていき、エベレストの山頂に至るまでの光景を、シークエンスによって構成した。普通の山の写真集と異なるのは、圧倒的な山の自然を写したというよりも、エベレストと人間がどのような関わりをもっているか、という点に焦点をあてていることだろう。エベレスト「を」撮る、というよりも、エベレスト「で」自分とエベレストとの関わりを撮っている、と言ったほうがわかりやすいかもしれない。

ニュース速報

ワールド

焦点:ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現

ビジネス

米ハイテク株主導で続伸、ダウ週間で4週連続値下がり

ビジネス

ドル上昇、週間では4月上旬以来の大幅な値上がり=N

ワールド

トランプ氏、最高裁判事に保守派バレット判事を指名意

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃能力」を恐れる本当の理由

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 5

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 6

    ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    インドネシア、コロナ死者1万人突破 政府は打つ手な…

  • 9

    新型コロナ感染で、パーキンソン病のリスクが高まる…

  • 10

    韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月