最新記事

テロ

インドネシア、IS忠誠組織がテロ 警察官刺殺、容疑者もその場で射殺

2020年6月3日(水)20時32分
大塚智彦(PanAsiaNews)

襲撃された地元警察の警察車両が炎上している。KOMPASTV / YouTube

<新型コロナと断食月による混乱に乗じてテロ組織の活動が活発化するか──>

インドネシアのカリマンタン島で6月1日に警察官1人が刃物で刺殺される事件が起き、容疑者はその場で他の警察官に射殺された。容疑者の遺留品に中東のテロ組織「イスラム国(IS)」の旗に酷似した旗や同志に宛てたメモ、イスラム教の聖典「コーラン」などが残されていたことから、警察ではISと関連があるインドネシアのテロ組織が関与した可能性が高いテロ事件として本格的な捜査を始めた。

マレーシアと国境を接するカリマンタン島(マレーシア名ボルネオ島)の南ダハ郡にある地元警察の分駐所で、1日午前2時15分ごろ、近くに駐車していた警察車両が放火されて爆発する事件が起きた。

現地からの報道や警察発表などによると、当直で分駐所にいた警察官レオナルド・ラティパプア氏が爆発音に気づいて外に出たところ、正体不明の男から日本刀のような刃渡りの長い刃物で切り付けられた。

さらに男は分駐所に侵入して立て籠もろうとしたが、別の当直の警察官2人が駆けつけ、うち1人が男に発砲。警察官を切りつけた男はその場で射殺されたという。レオナルド警察官は近くの病院に急搬送されたがそこで死亡が確認されたという。

書置きメモでジハード呼びかけ

男はその後の調べで付近に住むアブドゥル・ラフマン(19)容疑者と判明した。所持していた遺留品にはISがよく使用する黒字にアラビア語で文字が書かれたISの旗に酷似した旗、コーラン、日本刀の様な刃物、そして書置きのようなメモがあったという。

地元メディアなどによるとメモには「警察と戦うために行動を起こした。全ての兄弟よ目覚めよ、そして賢くなれ、ジハード(聖戦)は決して終わることがない」という趣旨のことが記されていたという。

こうした遺留品などから州警察などではISに忠誠を尽くすインドネシアのテロ組織「ジェマ・アンシャルット・ダウラ(JAD)」と関係があるテロ事件とみて国家警察対テロ特殊部隊の「デンスス88」を現地に急派。アブドゥル・ラフマン容疑者の周辺や背後関係の捜査を現在進めている。

一部外国メディアはISに関係する組織が今回の警察官刺殺テロに関する「犯行声明」を出したと報じているが、警察当局は現時点ではいかなる組織の犯行声明も確認していないとしている。

JIDはMITと並び最も危険なテロ組織

今回の警察官襲撃で関与が疑われているJIDは2014年ごろに設立された親ISのインドネシアのテロ組織。2018年5月に第2の都市である東ジャワ州の州都スラバヤのキリスト教会連続自爆テロ、2019年10月には当時のウイラント調整相の刺傷テロ、同年11月のスマトラ島メダンにある警察本部内での自爆テロなど数々のテロ事件を実行している。

スラウェシ島を主な拠点とするテロ組織「東部インドネシアのムジャヒディン(MIT)」と並んで、現在インドネシアで最も危険なテロ組織として治安当局の主要摘発ターゲットとなっている。

ニュース速報

ワールド

トランプ大統領、公の場で初のマスク姿 軍の病院訪問

ワールド

トランプ大統領、公の場で初のマスク姿 軍の病院訪問

ワールド

焦点:アフリカで「静かな感染拡大」、深刻なコロナの

ワールド

焦点:膨張する中国企業の鉱物資源買収、豪加当局が「

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月