最新記事

感染第2波

感染者・死者ともにASEAN最悪に インドネシア、新型コロナ感染拡大しても規制緩和の愚策

2020年6月17日(水)21時13分
大塚智彦(PanAsiaNews)

社会的距離の確保のためにマークが付けられたジャカルタ市内の市場 REUTERS/Ajeng Dinar Ulfiana

<感染拡大が悪化していても規制緩和を強行する愚かな政治家がアジアにも>

東南アジア諸国連合(ASEAN)の大国インドネシアが新型コロナウイルスの累計の感染者数で6月17日に4万1431人となり、これまで最多だったシンガポールの4万1216人(17日)を抜いて域内最悪を記録する事態になった。新型コロナによる死者でもインドネシアは2276人(17日)となっており、これは2番目に多いフィリピンの1108人(17日現在)の約2倍で4月中旬以降最多記録を更新し続けている。

シンガポールは、パキスタンやバングラデシュからの労働者がいる宿泊施設や寮で集団感染が続いており、感染者数はASEAN域内で最多の状態が続いていた。しかし医療体制の充実や「サーキット・ブレイカー」という政府の徹底した封じ込め作戦がそれなりに機能しており、これまでの死者数は「26人」と極めて少ない。

一方、新型コロナによる感染者数、死者数が右肩上がりで増加し続けているインドネシアだが、なかでも首都ジャカルタは同じジャワ島の東ジャワ州についで国内で2番目に感染死者数が多く(17日の時点でジャカルタ563人、東ジャワ州651人)、感染者数では東ジャワ州(8533人)を上回る9439人を記録。感染者数で国内1位、死者数で同2位となっている。

ジャカルタは最近、1日の感染者数が前日比で約100人のペースで増加を続けている。16日から17日かけては217人の増加と一段と数が増えている。

そうした実状にも関わらずジャカルタでは4月10日以来続けてきた「大規模社会制限(PSBB)」と呼ばれる都市封鎖が6月4日以降、実質的に緩和されつつある。こうした医療関係者などの「時期尚早」論を無視した形の緩和が、ASEAN域内最悪の感染拡大につながったとみられている。

ジャカルタのアニス・バスウェダン州知事がPSBBの実質的緩和に踏み切った背景には極めて政治的な理由があるとされているが、増加の一途をたどる感染者の数字を突きつけられても「事態が悪化すれば緩和を再考する」と口では言いつつも緩和策を撤回する姿勢をみせていない(関連記事=「混乱のインドネシア、感染対策より政治優先の知事が規制緩和」)。


【関連記事】
・スウェーデンの新型コロナ感染者数が1日最多に、死亡率も世界屈指
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・フロリダの新規感染者1日で最多の2000人超 アメリカに忍び寄る新型コロナ第2波
・街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

ニュース速報

ビジネス

ECB、銀行の配当制限を近く解除も=副総裁

ワールド

米政府、制裁の解除に同意している=イラン当局者

ビジネス

ユーロ圏PMI、6月総合は15年ぶり高水準の59.

ビジネス

日産社長、3年連続赤字「なんとしても回避」 早期復

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 3

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 6

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の…

  • 7

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 8

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 9

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 10

    台湾・ベトナムから始まる日本版ワクチン外交の勝算

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月