最新記事

外出自粛

「火星探査」で学んだ隔離生活を楽しむ9つのコツ

Living Life at a Distance

2020年4月10日(金)18時30分
ケイト・グリーン(元科学者・ジャーナリスト)

火星であれ地球であれ隔離された状態で過ごすつらさは同じだ PHOTO ILLUSTRATION BY SLATE. PHOTO BY EVGENIY SHKOLENKO/ISTOCK/GETTY IMAGES PLUS

<新型コロナ対策にも応用可能──「火星」に住む実験に参加して分かった閉じ籠もり生活の不安と不満の解消法>

2013年、私は荷造りをしてハワイの活火山マウナロアにあるドーム型施設に入った。NASAが支援する模擬火星探査ミッション「HISEAS」に参加するためだ。溶岩原に囲まれた火星そっくりの環境で4カ月間、6人の「クルー」が隔離生活を体験。物理的、心理的、社会的影響を調べて将来の火星探査に役立てようというわけだ。

家族や友人と離れ、交信にも時間がかかる。食事も新鮮な果物や野菜はなく、保存の利く食品だけ。外に出る際は必ず「宇宙服」(といっても政府払い下げのぶかぶかの防護服だが)を着用しなければならなかった。

世界には、何カ月も隔離(缶詰め)生活を強いられる人がたくさんいる。慢性病患者、障害者、受刑者、新米ママ、大学院生、在宅勤務のフリーランス......。そして今は、新型コロナウイルスの急激な感染拡大を受けて、多くの人が外出自粛を求められている。

隔離生活がつらいのは宇宙でも同じ。2年半の火星探査ミッションで宇宙飛行士はどんな問題に直面するのか。彼らがそれに対処するのを、どう支援すればいいか。こうした問題を慎重に検討した上でクルーを選び、計画を立てないと、ミッションが水の泡になりかねない。

模擬探査と新型コロナ対策としての隔離生活の最大の違いの1つは、不確実さだ。世界がいま直面している状況は急速に変化している。外出自粛ムードが広がり、いつまで続くか誰も分からない。一方、模擬探査は最初から期間が決まっていた。私たちは節目ごとにお祝いを計画し、「地球に帰還する日」を指折り数えて待つことができた。

それでも参考にできる点もあるはずだ。私たちクルーの経験を基に、隔離生活を乗り切るヒントを紹介しよう。

食事を楽しむ

保存の利く食品をストックしておくのはいいことだ。「火星」の食事は常温保存かフリーズドライか乾燥食品ばかりだったが、工夫次第でおいしくできた。みんなで新しいレシピに挑戦し、節目や仲間の誕生日にはコース料理でお祝いして、単調な毎日に変化をつけることができた。

食べてほっとする味だけでなく、普段は口にしないような新しい味にも挑戦を。新しいレシピも探してみよう。食事の時間を人と触れ合い、新しい経験を楽しみ、安らぎを見いだす時間にしよう。

ニュース速報

ワールド

南ア、都市封鎖を一部解除 経済活動の再開目指す

ビジネス

4月の一般会計税収、前年同月比29.4%減=財務省

ビジネス

日経平均は反発、約3か月ぶりに2万2000円回復

ワールド

新型コロナ、東京都で新たに13人感染=報道

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題だったのか

  • 4

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 5

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 6

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月