最新記事

新型コロナウイルス

在日ドイツ大使館、日本の新型コロナ検査数の少なさを懸念

2020年4月7日(火)18時00分
モーゲンスタン陽子

検査が限定されている日本の状況はドイツからは非常に危険だと映るようだ...... REUTERS/Issei Kato

<在日ドイツ大使館から在日ドイツ人にメールが配信され、「検査数が少ないため、かなりの規模の未報告感染が発生していると考えられる」と注意喚起されていた......>

日本での新型コロナ感染急増の可能性と、大規模な検査をしない日本政府の方針については先週、在日アメリカ大使館が自国民に対して注意喚起しているが、それに先駆けて3月末、在日ドイツ大使館も同様の通達をしていた。

「同胞の手紙」と名付けられたこの一連の連絡は在日ドイツ人にメールで配信され、またオンラインでも閲覧することができる。最新感染状況、空の便の混乱や移動制限などへの注意喚起が目的で、同様の手紙は在日ドイツ大使館だけでなくバンコクやナイロビなどのドイツ大使館でも出されている。

ただ、在日ドイツ大使館の7通目の手紙の一節に独紙が目をつけた。

「日本における感染リスクは真剣に評価することができない」

問題の一節は3月24日付の「同胞の手紙」第7号。その中の「日本における感染リスクは真剣に評価することができない。実行された検査数が少ないため、かなりの規模の未報告感染が発生していると考えられる」という部分だ。さらに、検査が重症の人や、感染者との接触が疑われる人に限定されていることも危惧している。さらに、同様の指摘は26日付の第8号でもなされている。

ドイツ大手紙の1つヴェルトは「ドイツ外交官による非外交的な声明」と題した記事でこの手紙について触れ、やはり日本での感染者数の発表に大きな疑問を呈している。

パンデミックが始まったとされる中国より、地理的にも経済的にも日本よりずっと遠い国々であるアイルランド、イスラエルやルクセンブルグなどでの感染数よりはるかに少ないこと、そしてこの数が人口比でも驚くほど小さいこと、さらに、高度な医療システムを持つ国の割には死亡率が高すぎることなどから、日本では有効な検査がほとんど実施されていないだろうと指摘。

統計は必ずしも真実、少なくとも完全とは言えず、パンデミックの最中に現場で耐えるドイツ外交官もそう考えたのがこの「非外交的な発言」の原因だと結論づけている。

広範囲な検査実施が死亡率低下の鍵

ただ、「同胞の手紙」は大筋では大使館が自国民にあてる一般的な注意喚起なので、ヴェルトはやや深読みをしすぎのようにも思われる。我々在独日本人も日本国大使館から定期的にこの種の配信を受け取る。

ドイツは6日現在感染者数が世界上位4位であるにもかかわらず死亡率が低いことで英米から注目されているが、その根底に大幅な検査実施があると信じられている。したがって、日本のように検査が限定されている状況は非常に危険だと映るようだ。

「夏季オリンピックが今年開催されることになっていたので、[日本は] 最高の状態で世界に自分を紹介したかったのだ。政府は長いこと、夢をあきらめ、夏季オリンピックを延期することをためらっていた」と指摘したうえで「安倍晋三政権の指導は十分なのか? 政府は問題について過小評価しているのか? 9年前の福島での原発事故後の不始末以来、日本人は政権への信頼を大幅に失っている」と問いかけている。

ニュース速報

ビジネス

物価のパラダイムシフト想定せず=レーンECB理事

ビジネス

各国中銀のコロナ対策、金融安定リスク招く恐れ=クリ

ワールド

中国の駐米大使離任へ、強硬派の外務次官が後任の見通

ビジネス

金利調整巡る議論「まだかなり先」、経済指標を注視=

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 3

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 4

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 7

    東京五輪の「国際公約化」は日本政府の自作自演

  • 8

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 9

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月